今なお咲き誇る氷河期の遺産ウルップソウ

e0351924_13341448.jpg
ウルップソウは、ツクモグサ同様隔離分布している希少な高山植物である。
氷河期に南下して、今もここ八ヶ岳に見事な群落を作っている。
1万年もの間、命をつないできた花。
自生地は、八ヶ岳,北アルプス,礼文島など。
今回は、いちおうアルパインクライミングなので、比較的人が入ることが少ないところを行くのだが、だからこそなのか、これでもかというくらいウルップソウが咲き乱れていた。そして、辺り一面には幼苗もそれはたくさんたくさん。この先も命をつないでいく証しに遭遇できて幸せな気分に浸ってきた。



e0351924_13343965.jpg
e0351924_21251034.jpg
e0351924_13345551.jpg
e0351924_13350574.jpg
e0351924_13352147.jpg

e0351924_13352882.jpg

帰りの温泉は、信州原村八ヶ岳温泉「ふれあいセンターもみの湯」
可もなく不可もなく...と言ったところですが、料金設定が良心的。
ワンコイン、500円也。
510円などというセコサがないのがいい!
17:00を過ぎれば300円ぽっきり。
美濃戸から近いので、登山後に汗を流すにはオススメの日帰り湯。






小同心~横岳~大同心(八ヶ岳)

2017年7月22日(土) 曇りのち小雨
美濃戸→赤岳鉱泉→大同心基部→小同心取付→小同心→横岳→大同心→赤岳鉱泉→美濃戸
e0351924_11324023.jpg
赤岳鉱泉から大同心基部までがめちゃくちゃ急登で、クライミングの前に疲れ果てた。
体力不足なり。





.




[PR]
by campanula2015 | 2017-07-27 23:30 | 山行記録

「昨日ハイキングを始めました」な中高年の「無理せず楽せず程々に」な山行記録


by campanula2015