タグ:カーナビ ( 49 ) タグの人気記事

e0351924_11490635.jpg




檜洞丸(丹沢山塊)
2016年11月20日(日) 曇り時々晴れ
西丹沢自然教室7:35→ツツジ新道登山口7:45→ゴーラ沢出合8:20→富士山展望地(9:05~9:15)→ベンチ→石棚山稜分岐10:10→檜洞丸(昼食,青ヶ岳山荘往復10分含む,10:25~10:55)→石棚山稜分岐11:05→ベンチ11:10→富士山展望地(11:45~11:50)→ゴーラ沢出合(12:25~12:30)→登山口13:00→西丹沢自然教室13:05

e0351924_11503289.jpg



今年の紅葉はどこもいまひとつとは言うが、名所と言われるところに行ったことがないので、こんなでも十分秋を満喫できて満足している自分(*^^*)。
それよりも、ちゃっちゃと山は片づけて温泉につかりたい気分だったので、下山後いそいそと中川温泉「ぶなの湯」へ。ぐすん、ハズレ、やった。
ま、山梨.長野.静岡の安くて良い温泉に入りまくっているから、紅葉と違って温泉に対する評価は厳しくなっているのかも。
e0351924_12012467.jpg


カーナビは、西丹沢自然教室でセット。
西丹沢自然教室の駐車場は数台しか駐車できない。しかし、付近に40~50台ほど(みんなが後から来るもののことを考えて思いやり駐車をすればだけど...)の駐車スペースがある。画像の奥の青い屋根が西丹沢自然教室。
e0351924_12121369.jpg







[PR]
by campanula2015 | 2016-11-20 23:30 | hiking
e0351924_15380726.jpg



塔ノ岳~鍋割山(丹沢山塊)

2016年11月12日(土)晴れ
大倉市営駐車場8:05→雑事場ノ平(8:50~8:55)→見晴茶屋8:57→一本松のベンチ9:15→駒止茶屋9:25→堀山の家(9:50~9:55)→茅場平10:10→花立山荘(10:35~10:50)→金冷シ11:10→塔ノ岳(昼食,11:20~11:45)→金冷シ12:00→大丸12:05→小丸尾根分岐12:20→鍋割山(鍋割うどん,12:45~13:35)→後沢乗越14:15→渡渉(橋あり,14:35)→渡渉(橋あり,14:45)→ゲート15:20→駐車場15:35

e0351924_11454620.jpg



都会のハイカーが集う山域と言えば丹沢山塊。その中でも最も人気の高い山だというのが塔ノ岳。
あまりにも登山道が整備されすぎていて山に登った気がしない、というのが正直な感想。
でも、金冷シから鍋割山に向かう登山道は、紅葉が見ごろで雰囲気の良い登山道だった。

鍋割山に来たらやはり有名な鍋割うどんを食べないといけないと思い注文の列に並ぶ。
昼を過ぎて比較的空いてきたそうで、注文してから30分待ちだった。では、昼時は何分待ちだったのだろう?
30分以上も待って食べたうどんのお味はと言うと、いたってフツー。これが下界のうどん屋ならまず行列はできない。

e0351924_15514353.jpg


カーナビは、「どんぐりハウス」でセットした。
大倉バス停のすぐ近くにある店だ。どんぐりハウスのすぐ裏が公共の有料駐車場。
朝8:00からとネットで確認して行ったが、7:50ごろに着いたらすでにゲートが作動していてたくさんの車が止まっていた。
周辺には民間の24時間営業の駐車場もたくさんある。さすが都会だ。
e0351924_15550193.jpg

んで、我がカーナビ君なんだけど、、、。
前々から不思議思っていたのだけれど、行きと帰りでは違う道を案内したりするのはなぜ?
ピストンよりも周回の方が楽しめると思ってのサービス?
同じ道を案内してくれれば道を覚えるのに、違う道を案内するから頭が混乱して覚えられん。
「もうカーナビは要らん」と言われないようにするための自衛策?




.


[PR]
by campanula2015 | 2016-11-12 23:30 | hiking
e0351924_14241828.jpg


沢口山(奥大井)
2016年11月5日(日) 晴れ
寸又峡温泉駐車場6:55→かじか沢登山口7:10→稜線出合7:30→展望地(8:20~8:30)→木馬の段8:40→富士見平(分岐)9:00→ヌタ場の大ミズナラ9:15→沢口山(昼食,9:30~10:10)→ヌタ場の大ミズナラ10:20→富士見平(猿並平コース分岐)10:30→盤台跡展望所11:00→送電鉄塔11:15→駐車場11:40

e0351924_16523079.jpg


カーナビは、寸又峡温泉でセット。
寸又峡温泉の駐車場は、普段は無料だが紅葉の時期は500円徴収される。
また、昼間は紅葉狩りの観光客の利便性のために、77号線のすれ違いが困難な区間で片側通行の交通整理が行われる。

帰りの温泉は、翠紅苑の日帰り入浴。
続きは、↓の「more」にて。



more(沢口山ハイキングコース)
[PR]
by campanula2015 | 2016-11-05 23:30 | hiking
e0351924_14090401.jpg


大菩薩嶺(大菩薩連嶺)
2016年11月3日(祝)
丸川峠分岐駐車場8:05→登山口8:20→丸川峠(丸川荘,9:40~9:50)→大菩薩嶺(11:00~11:10)→唐松尾根分岐広場(富士山展望地,昼食,11:15~11:30)→賽の河原(避難小屋)11:50→親不知ノ頭11:52→大菩薩峠(12:00~12:15,公衆トイレ有)→勝緑荘12:35→福ちゃん荘12:40→上日川峠(ロッジ長兵衛,13:05)→(登山道崩落につき修復工事中の箇所あり,迂回路あり)→第二展望台13:30→千石茶屋13:55→駐車場14:05

e0351924_14171822.jpg



カーナビは、霊峰寺でセット。霊峰寺を通り過ぎるとすぐに右手に霊峰寺の駐車場と公衆トイレ。さらにしばらく進むと左手に駐車場。
冬季はこの駐車場から先は通行止めになるようだ。
うまく駐車すれば20台くらいが駐車可能だが、ほとんどが(99%くらい?)が上日川峠の駐車場起点のハイカーなので、この駐車場は閑散としていた。

登山道は、この駐車場~大菩薩嶺と上日川峠~駐車場は静まり返っていて、登山道の修復工事中のおじさんにしか会わなかった。不人気なようだ。
大菩薩嶺~上日川峠は、ハイキングクラブ御一行様,グループ登山,親子連れ,犬連れなどでごった返していて、山小屋を兼ねた土産物屋まであった。
この山のメインルートは、上日川峠~大菩薩峠~大菩薩嶺~上日川峠のようだ。展望も良くて明るい登山道で、なるほどねっと頷ける。
自分が近所の人や従姉を連れてくるなら、やはりこのルートにするだろう。
でも、単独だと、交通費かけてまで散歩みたいなハイキングなんてするのはコスパ悪すぎって思う。


丸川峠分岐駐車場

e0351924_14511442.jpg





[PR]
by campanula2015 | 2016-11-03 23:30 | hiking
e0351924_15255089.jpg

(雨池南岸にて)



縞枯山~茶臼山(北八ヶ岳)
2016年10月22日(土) 曇り時々晴れ
麦草峠公共駐車場8:15→茶水ノ池8:20→雨池南岸9:05→雨池東岸(八柱山分岐)9:20→八柱山(9:35~9:45)→雨池東岸10:05→雨池西岸10:20→雨池峠分岐10:40→雨池峠11:00→縞枯山荘(昼食,11:05~11:25)→雨池峠11:30→縞枯山11:55→展望台分岐11:57→展望台(12:00~12:08)→展望台分岐12:10→茶臼山12:30→展望台(12:33~12:57)→茶臼山12:55→中小場13:05→大石峠13:15→駐車場13:30

e0351924_13342527.jpg

八柱山の山頂から落葉松尾根をのぞき込むと、カラマツが良い具合に黄葉していた。
八柱山登山口に駐車して落葉松尾根を登り、雨池~縞枯山~茶臼山と回れば良かったかもしれない。
八柱山なんて「ついで」と馬鹿にしていたのだが、意外や意外、縞枯や茶臼よりもずっと良かった。
深宇宙探査アンテナがデ~ンと立っているのが難点だが、静かで落ち着くし浅間山や富士山も見える。

カーナビは「麦草峠」でセット。無料の公共駐車場は8:00の時点で満車、ぎりぎり止めた。
帰りの温泉は縄文の湯。
で、久しぶりに我がカーナビ君が ぱーだということを実感した。
縄文の湯に行くのに、信号を右折すればそのまま表玄関の前に着くのに、我がカーナビ君は信号の先の細い小路を曲がれと指示。
小路に入ってみると、こんなとこ近所の人しか通らんやろ!(怒)という道やった。車1台がやっと通れる家と家の間の未舗装の道路。そこをしばらく走った後で右折して温泉前の道に出るのだ。あほちゃうか!?
帰りはもちろんのこと、カーナビ君を無視して温泉前の広い道から帰った。







[PR]
by campanula2015 | 2016-10-22 23:30 | hiking
e0351924_11460014.jpg

白駒池の紅葉は色づき始め




白駒池~ニュウ(北八ケ岳)
2016年10月3日(日) 曇り時々晴れ
駐車場8:10→白駒池入口8:30→白駒池(青苔荘,8:45~8:50)→白駒荘(8:55~9:05)→ニュウ(昼食,10:25~10:40)→中山峠分岐(11:30~11:35)→中山(通過ピーク)11:45→中山展望台(11:55~12:00)→高見石小屋(軽食,高見石往復15分,12:50~13:35)→白駒荘(14:00~14:05)→麦草ヒュッテ14:40→駐車場14:42

e0351924_11495264.jpg


カーナビは、ズバリ「麦草峠」でセット
麦草峠の無料の公共駐車場は残り1台だった。ラッキー!!
というか、軽四がバックでやっとやっと入れられるビミョーなスペースが最後に残ったので、自分の前の車たちが有料駐車場に去って行ってくれたおかげで無料で駐車できた。
いやいや両隣の車がちゃんと詰めずにアバウトに止めてくれたおかげかな。
さて、ここで我が腕の見せ所。切り返しなしの一発でバッチリ入れたら、見ていたおばちゃんらが拍手してくれたので、ドヤ顔で会釈を返したった(笑) 辺鄙な山に通っていると自然と車庫入れがうまくなるのだ。
無料駐車場は約30台でトイレもある。そのすぐ先の麦草ヒュッテの駐車場は施設利用者のみ駐車可能なようだ。
さらにそこから700~800m先の白駒池入口に有料駐車場がある。こちらは150台ほど。500円。


このところの雨続きのせいか、登山道はじゅるじゅるにぬかるんでいて歩くところを探すのに苦労した。
ぬかるんでいるだけならいいが「沼」になっているところまであった。

e0351924_12040346.jpg


高見石小屋の揚げパンが名物だと聞いたので食べに行った。なるほど揚げたてでおいしい。でも、おそらく冷めたらそれほどおいしくないと思う。
なんかアメリカンドッグの皮の味に似ているというか、市販のホットケーキミックスの味に似ているというか、そんな感じ。
e0351924_12042175.jpg




[PR]
by campanula2015 | 2016-10-02 23:58 | hiking
e0351924_19261661.jpg

北岳(南アルプス)
2016年9月24日(土)~25日(日)

9/24 曇りのち雨
奈良田第二駐車場前バス停9:03-(山梨交通バス,1130円)-広河原9:45
広河原9:55→広河原山荘(登山届)10:05→白根御池小屋12:30(幕営)

9/25 晴れ
白根御池小屋5:10→二俣分岐6:35→小太郎山分岐6:50→北岳肩ノ小屋(7:20~7:25)→両俣分岐7:40→北岳(8:00~8:25)→両俣分岐8:45→北岳肩ノ小屋(9:00~9:10)→小太郎山分岐9:25→二俣分岐9:35→御池小屋分岐(簡易トイレあり)10:20→白根御池小屋(テント撤収作業,10:40~11:15)→(見ず知らずの登山者にベーコンをごちそうになる)→分岐12:30→広河原山荘12:45→広河原12:50 
広河原14:00-(山梨交通バス)-奈良田14:45

e0351924_11445314.jpg



紅葉はまだ半月ほど先のようだが、ナナカマドが実を付けるなど山はすでに秋の訪れを感じさせた。
登山者も比較的少なめでゆったりと山を楽しめた。
花にこだわらなければ、登山者が減る今からが山を楽しむ良い時期であろう。

カーナビは奈良田温泉でセット。
第一駐車場が埋まっている場合は、そこから約500メートル先の第二駐車場。
第二駐車場の前にもバス乗り場があり、簡易トイレが設置されている。

e0351924_19433038.jpg

e0351924_19434726.jpg

e0351924_19440992.jpg





ナント! 20年ぶりに北岳山頂の山名標柱を立て替えている場面に遭遇!
ほぼ準備が整ったところで賽銭を投入。自分は5円を入れたが、500円玉とかを入れている登山者もいた。
e0351924_19590420.jpg

そして、「埋める石を入れたい人、どうぞ~」と登山者に声がかかり、ボーと立っていたところに「ほら、お姉ちゃん、写真を撮ってあげるからその大きい石を入れて」
ま、「お姉ちゃん」じゃなくて限りなくばあちゃんに近い「おばちゃん」なんだが、 頭が弱いオンナは若く見えるという典型ね(笑)
めっちゃ嬉しそう(笑)

e0351924_19592249.jpg

仕上げをする関係者。
e0351924_19594110.jpg


そして、ナント、ナント、「さあ、記念撮影していいよ。あなたが第一号記念撮影だ。」とおじさんに促され北岳新山名標柱の第一号記念撮影者となった。
一号を示す指1本のポーズをしてご満悦。
しかし、「そこの僕、おいで」という感じで声を掛けられていたのには笑った。ま、おかげで第一号の栄誉に浴したのだが。

e0351924_20000196.jpg

旧標柱の残骸。20年間お疲れ様でした。
次の立て替えは20~30年後だそう。自分らはもう生きていない、かも?
e0351924_20001636.jpg






[PR]
by campanula2015 | 2016-09-25 23:30 | hiking
e0351924_1924291.jpg

貴婦人は、今年も深窓の令嬢よろしく、日の当たらない岩場でひっそりと咲いていた。


毛無山(天子山地)
2016年9月17日(土) 曇り
麓登山口駐車場6:35→直登コース分岐6:45→不動の滝見晴台(7:10~7:15)→レスキューポイント(7:45~7:55)→富士山展望台(9:00~9:05)→北アルプス展望台(9:20~9:30)→毛無山(昼食,9:35~9:50)→地蔵峠分岐9:55→第二地蔵峠10:25→地蔵峠(10:35~10:40)→比丘尼の滝12:00→分岐12:15→駐車場12:20
e0351924_20410276.jpg


これで5週連続週末の天気がぐずぐず。
まともな山行ができないまま夏山シーズンが終わってしまった。消化不良もいいとこ(><)
今日は沢の水量が多く渡渉がきわどかった。
貴婦人は今年は開花が早くすでに終盤であった。
帰りの温泉は、あさぎり温泉「風の湯」

カーナビは、「ふもとっぱら」でセット。
ふもとっぱらを通り過ぎ、T字路に突き当たったら左。その突き当りに駐車場。
駐車料は1日500円。年間会員になれば、年会費3000円で駐車し放題。
トイレはT字路を右に入ってすぐに公衆トイレがある。


e0351924_1925523.jpg

さて、「北アルプス展望台」からの眺めである。
これを見て、「北アルプスじゃなくて南アルプスじゃないの?」「北と南を間違えて表記している」
っと誇らしげにおっしゃる方がいるが、これは「北」でいいのである。
ものすご~く晴れた日には、はるか遠くに鹿島槍が望めるのだ。
ここから南アルプスが見えるのはあたりまえ。さほど見たくもないであろう。
でも、ここから鹿島槍を見たら心が躍るでしょ?
だから「北アルプス展望台」としたのである。遊び心がわからんかなあ~。
そーゆーわけだから、誰が何と言おうと、ここは「北」、「南」に直す気などさらさらない、はず。



[PR]
by campanula2015 | 2016-09-17 23:30 | hiking
e0351924_19342519.jpg

硫黄岳(八ヶ岳)

2016年9月10日(土) 晴れ時々曇り
美濃戸口6:40→美濃戸山荘7:30→堰堤広場(8:15~8:20)→赤岳鉱泉(9:10~9:20)→赤岩ノ頭(10:25~10:30)→硫黄岳(昼食,10:50~11:35)→赤岩ノ頭(11:45~11:50)→赤岳鉱泉(12:30~12:50)→堰堤広場13:30→美濃戸山荘(14:00~14:05)→美濃戸口14:40
e0351924_10433383.jpg

カーナビは、先週と同じく八ヶ岳高原美術館

これで4週連続週末の天気が思わしくないので、行き先に悩む。
土日曜とも晴れなら泊りで行きたい山はいくらでもあるが、暑い時期の日帰りとなると・・・。
結局今週も「困ったときの八ヶ岳」
来週は待望の三連休なのに、またまた週末狙いの台風がうろちょろし始めて(><)
天気ばかりはどうしようもないが、なんともやりきれない。

北沢コースは、堰堤広場までは未舗装の林道歩き。堰堤広場からやっと山道らしくなる。
樹林帯の中で展望はないが沢沿いの道は気持ちがいい。
硫黄岳山頂は360度の展望、のはずなのだがちょうどガスがかかって真っ白け。





[PR]
by campanula2015 | 2016-09-10 23:30 | hiking
e0351924_15542964.jpg

(御小屋尾根からの天狗岳方面)


阿弥陀岳(八ヶ岳)
2016年9月4日(土) 晴れ(山頂部は霧)
美濃戸口駐車場6:35→登山ポスト(計画書提出)→御小屋尾根登山口7:00→舟山十字路合流点(三角点)8:10→(約5秒)→御小屋山(8:10~8:20)→不動清水(9:00~9:05)→阿弥陀岳(昼食,11:05~12:10)→中岳のコル12:25→行者小屋分岐13:50→行者小屋(13:00~13:10)→美濃戸山荘(14:30~14:40)→美濃戸口15:25
e0351924_10021582.jpg

御小屋山で舟十字路から登ってきた登山者と合流。ナイスガイで同郷ゆえにとても気が合い、ここからは山頂までずっと世間話をしながら一緒に登る。山頂でも一緒にお昼を食べながら1時間もおしゃべり。
来た道を戻る彼と別れて、自分は南沢を下山。
積雪期とは様子が違って、石がごろごろしていて歩きにくい。ここは雪があるときに歩いた方が楽な登山道だ。
南沢の登山道だけではなく、山頂も行者小屋も冬とは全く違う様相で初めて来た山のようだった。

山小屋をカーナビに設定するのは何かとトラブルが多いので近くの施設にした。
八ヶ岳高原美術館でセット。美術館を過ぎ2~3分ほどで大きな看板を真ん中に挟んだY字路にぶつかる。右の道に入って間もなく右手に美濃戸口の駐車場。すぐに料金徴収のおじさんがすっ飛んで来て誘導してくれる。500円。
観光地的な山では駐車料を取られるのは仕方がない。





[PR]
by campanula2015 | 2016-09-03 23:30 | hiking