<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0351924_19261661.jpg

北岳(南アルプス)
2016年9月24日(土)~25日(日)

9/24 曇りのち雨
奈良田第二駐車場前バス停9:03-(山梨交通バス,1130円)-広河原9:45
広河原9:55→広河原山荘(登山届)10:05→白根御池小屋12:30(幕営)

9/25 晴れ
白根御池小屋5:10→二俣分岐6:35→小太郎山分岐6:50→北岳肩ノ小屋(7:20~7:25)→両俣分岐7:40→北岳(8:00~8:25)→両俣分岐8:45→北岳肩ノ小屋(9:00~9:10)→小太郎山分岐9:25→二俣分岐9:35→御池小屋分岐(簡易トイレあり)10:20→白根御池小屋(テント撤収作業,10:40~11:15)→(見ず知らずの登山者にベーコンをごちそうになる)→分岐12:30→広河原山荘12:45→広河原12:50 
広河原14:00-(山梨交通バス)-奈良田14:45

e0351924_11445314.jpg



紅葉はまだ半月ほど先のようだが、ナナカマドが実を付けるなど山はすでに秋の訪れを感じさせた。
登山者も比較的少なめでゆったりと山を楽しめた。
花にこだわらなければ、登山者が減る今からが山を楽しむ良い時期であろう。

カーナビは奈良田温泉でセット。
第一駐車場が埋まっている場合は、そこから約500メートル先の第二駐車場。
第二駐車場の前にもバス乗り場があり、簡易トイレが設置されている。

e0351924_19433038.jpg

e0351924_19434726.jpg

e0351924_19440992.jpg





ナント! 20年ぶりに北岳山頂の山名標柱を立て替えている場面に遭遇!
ほぼ準備が整ったところで賽銭を投入。自分は5円を入れたが、500円玉とかを入れている登山者もいた。
e0351924_19590420.jpg

そして、「埋める石を入れたい人、どうぞ~」と登山者に声がかかり、ボーと立っていたところに「ほら、お姉ちゃん、写真を撮ってあげるからその大きい石を入れて」
ま、「お姉ちゃん」じゃなくて限りなくばあちゃんに近い「おばちゃん」なんだが、 頭が弱いオンナは若く見えるという典型ね(笑)
めっちゃ嬉しそう(笑)

e0351924_19592249.jpg

仕上げをする関係者。
e0351924_19594110.jpg


そして、ナント、ナント、「さあ、記念撮影していいよ。あなたが第一号記念撮影だ。」とおじさんに促され北岳新山名標柱の第一号記念撮影者となった。
一号を示す指1本のポーズをしてご満悦。
しかし、「そこの僕、おいで」という感じで声を掛けられていたのには笑った。ま、おかげで第一号の栄誉に浴したのだが。

e0351924_20000196.jpg

旧標柱の残骸。20年間お疲れ様でした。
次の立て替えは20~30年後だそう。自分らはもう生きていない、かも?
e0351924_20001636.jpg






[PR]
by campanula2015 | 2016-09-25 23:30 | hiking
e0351924_19342519.jpg

硫黄岳(八ヶ岳)

2016年9月10日(土) 晴れ時々曇り
美濃戸口6:40→美濃戸山荘7:30→堰堤広場(8:15~8:20)→赤岳鉱泉(9:10~9:20)→赤岩ノ頭(10:25~10:30)→硫黄岳(昼食,10:50~11:35)→赤岩ノ頭(11:45~11:50)→赤岳鉱泉(12:30~12:50)→堰堤広場13:30→美濃戸山荘(14:00~14:05)→美濃戸口14:40
e0351924_10433383.jpg

カーナビは、先週と同じく八ヶ岳高原美術館

これで4週連続週末の天気が思わしくないので、行き先に悩む。
土日曜とも晴れなら泊りで行きたい山はいくらでもあるが、暑い時期の日帰りとなると・・・。
結局今週も「困ったときの八ヶ岳」
来週は待望の三連休なのに、またまた週末狙いの台風がうろちょろし始めて(><)
天気ばかりはどうしようもないが、なんともやりきれない。

北沢コースは、堰堤広場までは未舗装の林道歩き。堰堤広場からやっと山道らしくなる。
樹林帯の中で展望はないが沢沿いの道は気持ちがいい。
硫黄岳山頂は360度の展望、のはずなのだがちょうどガスがかかって真っ白け。





[PR]
by campanula2015 | 2016-09-10 23:30 | hiking
e0351924_15542964.jpg

(御小屋尾根からの天狗岳方面)


阿弥陀岳(八ヶ岳)
2016年9月4日(土) 晴れ(山頂部は霧)
美濃戸口駐車場6:35→登山ポスト(計画書提出)→御小屋尾根登山口7:00→舟山十字路合流点(三角点)8:10→(約5秒)→御小屋山(8:10~8:20)→不動清水(9:00~9:05)→阿弥陀岳(昼食,11:05~12:10)→中岳のコル12:25→行者小屋分岐13:50→行者小屋(13:00~13:10)→美濃戸山荘(14:30~14:40)→美濃戸口15:25
e0351924_10021582.jpg

御小屋山で舟十字路から登ってきた登山者と合流。ナイスガイで同郷ゆえにとても気が合い、ここからは山頂までずっと世間話をしながら一緒に登る。山頂でも一緒にお昼を食べながら1時間もおしゃべり。
来た道を戻る彼と別れて、自分は南沢を下山。
積雪期とは様子が違って、石がごろごろしていて歩きにくい。ここは雪があるときに歩いた方が楽な登山道だ。
南沢の登山道だけではなく、山頂も行者小屋も冬とは全く違う様相で初めて来た山のようだった。

山小屋をカーナビに設定するのは何かとトラブルが多いので近くの施設にした。
八ヶ岳高原美術館でセット。美術館を過ぎ2~3分ほどで大きな看板を真ん中に挟んだY字路にぶつかる。右の道に入って間もなく右手に美濃戸口の駐車場。すぐに料金徴収のおじさんがすっ飛んで来て誘導してくれる。500円。
観光地的な山では駐車料を取られるのは仕方がない。





[PR]
by campanula2015 | 2016-09-03 23:30 | hiking