<   2016年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

e0351924_2132483.jpg


茶臼岳~光岳(南アルプス)
2016年8月11日(祝)~13日(土) 

8/11 晴れ
沼平ゲート前駐車場7:40→畑薙大吊橋(8:15~8:20)→ヤレヤレ峠(8:50~8:55)→ウソッコ沢小屋(10:00~10:10)→中の段(11:10~11:20)→横窪沢小屋(11:55~12:20,麦茶の接待)→水場ベンチ(横窪・茶臼中間点,13:30~13:40)→樺段(14:10~14:15)→茶臼小屋15:05(幕営)

8/12 霧のち晴れのち霧
茶臼小屋4:15→横窪沢分岐4:30→茶臼岳(4:55~5:00)→仁田池5:10→希望峰(5:30~5:35)→易老岳(6:40~7:00)→三吉平(7:50~7:55)→静高平(水場,8:45~8:50)→イザルガ岳分岐9:00→光小屋(9:05~9:20)→光岳(9:35~9:50)→光石(9:55~10:00)→光岳10:10→光小屋(10:20~10:35)→イザルガ岳分岐10:45→イザルガ岳(10:55~11:05)→イザルガ岳分岐11:15→静高平11:20→易老岳(12:55~13:20)→希望峰(14:40~14:50)→仁田池15:05→茶臼岳(15:30~15:35)→横窪沢分岐15:45→茶臼小屋15:55(幕営)

8/13 霧のち晴れ
茶臼小屋5:30→樺段(5:55~6:00)→横窪沢小屋(6:55~7:20)→中の段7:45→ウソッコ沢小屋(8:20~8:35)→ヤレヤレ峠(9:35~9:40)→畑薙大吊橋10:05→沼平ゲート前駐車場10:40
e0351924_1184495.jpg


南アルプスらしい静かでしっとりとした登山路であった。
これはトレーニング山行ではないので、急がずゆっくりと山を楽しんできた。
ゆったりと森の雰囲気を楽しんだり、登山者との会話を楽しんだり、雷鳥を探索してみたり。
光岳は、山頂そのものよりも、そこに至るまでの登山路が魅力的な山だ。
最後に仁田岳山頂から光岳を眺めて締めくくろうと思っていたが、午後から再び霧が上がってきたので、すでに登ったことがある仁田岳は端折ることにして、その分ゆったりと森の中の散歩を満喫してきた。
e0351924_21323369.jpg

e0351924_21324640.jpg

e0351924_21325775.jpg


今回が初めての単独でのテント泊山行であった。
今まで共同装備として振り分けていたものを全部自分で背負うのだから、10cmくらい足が短くなった気がする。
最初なので入門編ということで、初心者向けの光岳にした。しかも茶臼小屋にテントを張りっぱなしにしてのピストン。テントを背負ったのは茶臼小屋まで。
無理をしない主義なのだ^^;

タケさんの強力なプッシュで購入を決めた新築の我が城。
今回はTJARと日程が重なってしまい、その応援関係の人が押し寄せて、沼平の駐車場も茶臼のテント場もあり得ない状況(・・)
我が城は通路に建てることとなったのであった。
e0351924_21321544.jpg


TJARの参加選手の南アルプスの通過と日程が重なってしまい、良くも悪くもTJARに翻弄された山旅であった。
いろいろ問題点は多いと思うが、選手自体はマナーも良く、気さくな選手が多く何人もの選手と言葉を交わしたり、逆にこちらが励まされたり^^;
応援のファンのマナーの改善が今後の課題だろうと思った。

カーナビは「畑薙湖」でセット。
畑薙の臨時駐車場を通り過ぎ、ダム湖を通り過ぎ、一般車両通行禁止ゲートまで進む。
ゲートのすぐ手前に登山者用の駐車場が2か所ある。ゲート前に登山届の用紙とポストもある。

積雪量が少なく、春以降の雨も少なかったせいなのか、今年は茶臼の水場の水量が細い。
これで秋まで持つのか?という感じ。
光小屋手前の水場は枯れていなくて取水可能だった。ここの水はめっちゃおいしい水だった。

下山後は、お決まりの白樺荘の日帰り温泉。
そして、これまたお決まりの、たんぱく質とカルシウムと塩分補給にやまめおろしそば。




[PR]
by campanula2015 | 2016-08-13 23:30 | hiking