<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0351924_1941510.jpg


唐松岳~五竜岳(北アルプス)
2016年7月30日(土)~31日(日)

7/30 曇りのち時々雨
八方第五駐車場5:35-(徒歩)-八方スキー場ゴンドラリフト「アダム」乗り場5:40- (ゴンドラ-リフト2本)-八方池山荘
八方池山荘6:50→八方山ケルン7:15→第二ケルン(トイレ,7:20~7:30)→八方ケルン (7:20~7:30)→八方池(7:50~7:55)→扇雪渓(9:10~9:25)→丸山ケルン9:50→唐松岳頂上山荘(10:45~11:00)→唐松岳(11:20~11:35)→唐松岳頂上山荘(11:50~12:05)→五竜山荘15:15(泊)

7/31 曇り時々晴れのち小雨のち曇り
五竜山荘5:45→五竜岳(6:55~7:15)→五竜山荘(8:15~8:45)→白岳→西遠見山10:35→大遠見山→中遠見山11:50→小遠見山→地蔵の頭13:20→アルプス平駅13:35
e0351924_9375130.jpg




さすがは北アルプスである。南アルプスとは人の数が違う。
ゴンドラに乗るにも、宿泊手続きをするにも、トイレに入るにも、食事をするにも、ビールを買うにも、山頂標識の前で写真を撮るにも、長い長い順番待ちであった。
登山道に至っては、ツアー客の長い列が延々と続き、すれ違い待ちの停止が延々と繰り返され、まさに「牛歩」、ちっとも進まないのであった。
また、休憩に適したちょっとした広場には人があふれていて、どこで休憩したらいいのやら(とほほほ)。
e0351924_19415460.jpg

e0351924_1942841.jpg

e0351924_19422053.jpg

e0351924_19423475.jpg



八方第五駐車場に駐車して、徒歩5分ほどの八方スキー場のゴンドラ乗り場まで歩いたので、カーナビは八方の湯でセット。
駐車場は、八方の湯からほんのわずか先。
帰りは、テレキャビンのアルプス平駅からタクシーで(10分くらい)車の回収をしに戻った。
南アルプスと違って観光地なのでタクシーを呼ぶのに苦労するなんてことはなし。
インフォメーションもみやげ物売り場もあるので、お金さえ持っていればなんとでもなる。

帰りの温泉は、アルプス平駅に併設されている白馬五竜スキー場「エスカルプラザ」のB1の仮眠室の奥にある温泉 白馬姫川温泉「竜神の湯」
露天風呂なし。


[PR]
by campanula2015 | 2016-07-31 23:30 | hiking
e0351924_2148863.jpg


笊ヶ岳(南アルプス) 
2016年7月24日(日) 曇り時々晴れ
老平駐車場3:30→林道終点4:05→廃屋4:10→吊橋→広河原(渡渉,5:10~5:30)→山の神(6:15~6:20)→檜横手山(8:20~8:40)→布引山(10:20~10:40)→笊ヶ岳(11:40~12:20)→布引山(13:00~13:15)→檜横手山(14:20~14:30)→山の神(15:55~16:00)→広河原(渡渉,16:30~17:10)→吊橋17:55→廃屋18:05→林道終点18:10→老平駐車場18:45
e0351924_1102794.jpg



登山ルートについては結構迷った。
椹島からだとあの不便極まりないバスのせいで前後泊しなければならなくなるので2日も無駄になる。
所ノ沢越えの稲又谷の道は廃道になって久しく大きなガレがあるので使えない。
ランカン尾根は薮こぎになってしまう。この時期ってゼッタイ、ダニ地獄に違いない。
青薙山から雨畑への縦走は山中1泊しないといけないし、車が2台必要になる。
残るは、面白味はないけれど確実に行ってこれる初心者向きの老平からのピストン。
冒険するのは経験を積んでから。初心者の内は初心者向きのルートで安全優先!で折り合いをつけた。



早朝出発するために駐車場に前泊。
が、蚊がたくさん入り込んでしまい、耳元でウ~ンという羽音だけならまだしもバッチリ刺してくるので一睡もできず(;;)
結局またもや「弾丸登山」(とほほほ)
e0351924_21471585.jpg


この日は午前10時頃までは山頂は晴れ渡っていて、富士山も赤石もばっちりの展望、だったそう。
我々が山頂についた時にはガスが上がってきていて、よ~く目を凝らせば赤石が見えなくもない...という感じ。
でも、標高差2000m以上の行程だから達成感がある。登山路の森の雰囲気が良かったから大満足な山旅であった。(あの蚊さえいなけりゃね...)
e0351924_21474518.jpg

e0351924_21475782.jpg


今回は「河原の温泉掘り」ではなく広河原の渡渉。
e0351924_21483991.jpg

e0351924_21484921.jpg


登りよりも下りが大変だった。
急斜面で足場が悪く滑りやすいので慎重になるのはわかるが、遅々としてちっとも高度が下がらない。
登りでは同行者の意のままに休憩を入れていたが、広河原の渡渉前に陽が暮れるとやっかいなので、下山の途中からはすぐに休憩したがる同行者の「足が痛い」「腰が痛い」「疲れた」には聞こえないふり^^;
罪滅ぼしに?広河原では大休憩を入れて、しばし水遊び。
自分は冷たくて入っていられなかったが、酷使した足のクールダウンには最適かも。

帰りの温泉は、登山口近くのヴィラ雨畑すず里の湯。





[PR]
by campanula2015 | 2016-07-24 23:30 | hiking
e0351924_21245786.jpg


聖岳~赤石岳(南アルプス)
2016年7月16~18日

7/18 くもりのち晴れのち霧
聖岳登山口9:45→聖沢吊橋(11:00~11:05)→滝見台→慰霊碑(14:00~14:05)→聖平小屋14:50(泊)

7/17 霧のち小雨
聖平小屋5:05→薊畑分岐5:30→小聖岳(6:25~6:30)→前聖岳(7:30~7:55)→兔岳避難小屋9:30→兔岳(9:40~9:55)→小兔岳(10:45~10:50)→中盛丸山(11:35~11:55)→大沢岳分岐12:05→大沢12:25→大沢岳分岐12:45→百聞洞山の家13:10(泊)

7/18 快晴
百聞洞山の家5:00→百聞平(5:45~5:50)→赤石岳(7:25~7:45)→小赤石岳分岐8:00→北沢源頭8:30→富士見平(9:20~9:30)→赤石小屋(9:55~10:00)→カンバ段11:20→赤石岳登山口12:30→椹島ロッヂ12:35
e0351924_10573710.jpg



1日目は、ナント稜線上はピーカンだったそう。そのころ自分は、晴れていても雨でもどっちでもいい樹林帯の中。
2日目はガスガス(笑) でも、雷鳥に会える絶好の天気でもある。会えました!!
3日目は、ピーカン。青空に稜線が映えて、もううっとり。富士山はもとより遠く北アルプスまでもが見渡せた。
今日登らずしていつ登るのだ?というくらいの絶好の山日和。あー、来て良かった。南アルプス最高!!
e0351924_21252751.jpg

e0351924_21254353.jpg

e0351924_21255753.jpg

e0351924_2126982.jpg

e0351924_21262237.jpg



カーナビは畑薙湖でセット。
今年から東海フォレストの送迎バスの時刻が変わって7:30始発となった。
6:30には駐車場に着いていたが、すでに毎日なんちゃらの行列で第一便アウト、2時間待ち決定(;;)
毎日なんちゃらの運行日を確認して、最初から第二便狙いで来た方が賢い気がする。

帰りの温泉は白樺荘。





[PR]
by campanula2015 | 2016-07-18 23:30 | hiking
e0351924_225694.jpg



八海山(越後三山)
2016年7月9日(土) 雨
八海山スキー場ロープウェイ山麓駅10:20-(ロープウェイ)-山頂駅10:27
山頂駅10:30→女人堂(11:25~11:30)→薬師岳12:15→千本檜小屋(12:20~12:30)→白川岳13:10→摩利支天13:20→大日岳(13:30~13:40)→千本檜小屋(14:20~14:30)→薬師岳14:35→女人堂15:00→ロープウェイ山頂駅15:45
山頂駅16:00-(ロープウェイ)-山麓駅16:07

e0351924_1184415.jpg


金曜日の夜、仕事を終えてから中央道を長野方面に。
深夜、信州中野に着きICを出たところの例の大きな屋根の下で車中泊...のつもりが...。
ガーン、ゲートが閉まっていて入れない。そっか、ここはチェーンの脱着場だから冬しか開いてないのか...。
やむなく道の駅に移動して3時間ほど仮眠。
早朝、長野と新潟の県境にある目的の山に向かうも雨が止まず。
この程度の雨なら登ってもいいのだが、1箇所渡渉があり、行きは良しとしても帰りに増水で渡れなかったというのは笑えないので、登山口の偵察だけに留めて近くの川に温泉を掘りに行った。
e0351924_2253595.jpg


川底から温泉が湧き出ていて、それを川の水でぬるめるのだが、突然熱くなったり冷たくなったりで湯加減がよろしくない(笑) 
てか、朝っぱらから雨の中、温泉を掘っているやつなんて他にいないし。
「なんだよ、この温泉...。やっぱ山に登りに行くか...。」ってことで、新潟に入りお手軽な山に登ることに。
e0351924_2255692.jpg


「お手軽」のはずだったのだが、全然お手軽じゃなかった。
雨で難易度が上がっていて、岩は滑るわ、鎖を持つ手は滑るわで、山頂からの垂直の岩の下降2本にもう必死(笑)
山頂で会ったパーティーはザイルを出していたが、こちらは持ってはいたけれどそこまでの難易度ではないと判断してフツーに下降。
e0351924_22854.jpg


下山は登山道が半ば沢状態でじゃぶんじゃぶん。
展望がないのが残念だったが、条件の悪い時にも登っておきたかったので自分としては満足な山だった。
こういう時に登ると、いろいろな課題や改善点がみえて今後の役に立つから初心者の自分には勉強になる。

帰りの温泉は、気さくで親切なロープウェイのお姉さんお勧めの「千手温泉 千年の湯」
これがなかなか良くて大満足。お姉さん、ありがとう!!
さすが、米どころ。そこらのスーパーのおにぎりも道の駅の定食もご飯がうまい!!
やっぱ、米が良いと違うなあ。魚沼から米をお取り寄せしたい気分になった。

ほとんど「弾丸登山」の一種?なので、帰りの運転は眠くて眠くて仮眠に次ぐ仮眠。
翌日の講習会に出席しなければならないので朝までにはなんとしても帰りたい。
でも眠い。15分ほど仮眠して運転。30分くらいするとまた眠くなるので仮眠。
中央道を下りたあたりで日付が変わった。
「増水で渡渉できずビバークしました」とか「高速の渋滞でまだ長野です」とか「沢の水を飲んでおなかが痛いです」(笑)とか、いろいろ言い訳も考えたが、翌日そのまま「弾丸登山」の延長で読図講習を受けながら山伏に登りましたとさ。
しかも、濡れたザックカバーや合羽を乾かしながら講習を受ける受講生ってどうなんでしょ?





[PR]
by campanula2015 | 2016-07-11 23:30 | hiking
e0351924_21174455.jpg


櫛形山(南アルプス前衛)
2016年7月2日(土) 曇り時々晴れ
みはらし平駐車場7:25→(林道歩き)→登山道出合8:00→ほこら小屋(8:50~8:55)→池の茶屋分岐9:05→櫛形山9:30→三角点9:45→櫛形山9:55→裸山(昼食,10:25~10:50)→アヤメ平11:10→芦安分岐11:23→唐松岳11:25→丸山直下→折り返し地点(1400m付近)12:15→丸山12:55→唐松岳(13:45~13:50)→アヤメ平14:10→みはらし平駐車場14:50
e0351924_1153625.jpg



カーナビは「ウッドヴィレッジ伊奈ヶ湖」でセット。ここでカーナビくんはお役御免。
なにせ我がカーナビくんはお坊ちゃま育ちなので、観光地の案内には長けているのだが山道の案内には弱いのだ。知りもしないくせに知ったかぶって右だの左だのテキトーなことを言うので、これより先は我が勘に頼るべし。
県民の森の無料駐車場を通り過ぎ、最初の分岐を左、次の分岐も左、そのうち左手に鐘のついたオブジェと簡易トイレがある駐車場(みはらし平)に着く。
15台くらいの駐車可能、かな。満車なら、その先に路駐できるスペースがある。

丸山登山道の偵察に行ってみた。
アヤメ平から丸山までは、いたってフツーの登山道。
丸山から先は、まあ登山道としてはフツーだけれど、日が差し込まない陰気な急斜面の道で楽しくない。
しかし、意外と歩く人がいるようで踏み跡がしっかりしていた。
この日も短時間の間に、単独行の男女、若いカップル、トレランのお兄さん、中高年のグループとすれ違った。
丸山のピークを踏みたい場合は(踏むほどの価値があるとは思えないが...)入口は西側。他の方向からは倒木をまたぎながら無理やり登ることになる。
地形図を見ながら歩いてきて、次のピークかなあ~っと思ったあたりで登山道が尾根を巻き始める。
ここを登山道に入らず尾根を突き進むのが労力が少なくて済むと思う。
丸山を超えてさらに進みたい場合はいったん戻って登山道に入るか、下りれそうなところを探して強引に南側または東側に下りて登山道に合流するか・・・。いずれにせよ自己責任ということで。
e0351924_20494689.jpg





.
[PR]
by campanula2015 | 2016-07-02 23:30 | hiking