<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e0351924_20162095.jpg


天女山~権現岳(八ヶ岳)
2016年6月26日(日) 曇り(強風&濃霧)
天女山登山口駐車場6:20→天ノ河原6:35→標高2000m(7:30~7:35)→前三ツ頭(8:30~8:40)→観音平分岐9:10→三ツ頭(9:15~9:20)→権現岳直下10:10→権現小屋(昼食,10:12~10:50)→権現岳10:55→三ツ頭11:30→観音平分岐11:33→前三ツ頭11:50→標高2000m 12:25→海抜1800mの石柱12:40→天ノ河原(13:05~13:10)→駐車場13:20
e0351924_1435995.jpg


標高1800m付近まではそこそこにいい天気だったのが、上は厚い雲に覆われていて強風と霧で視界なし。前三ツ頭までで下山する人が多かった。
濃霧で山頂直下から権現の姿が見えず、「ま、ここらあたりかな」ってところで岩をよじ登って山頂標識とご対面。だって、前にきた時とは山頂標識が変わっているっていうから確認したかったのだ。
思わずオーバー手袋をつけたくらい寒かったのに、下山したら晴天でものすごーく暑かった。

カーナビは、天女山登山口南側駐車場でセット。
天女山入口でも良いと思う。天女山入口にセットした場合は、「天女山入口」の交差点(信号あり)を黄色のゲートが左右にたたんである道の方へ進みあとは道なり。
20台+バス用の駐車場がある。トイレは駐車場から3分ほどの天女山にある。
ただし、このトイレ、冬に来た時は鍵がかけられていて使えなかった。

帰りは、パノラマの湯。露天風呂が広くて気持ちが良い。本来なら富士山が見えるそうだが雲の中だった。

今日のカーナビくんはおりこうだった。自分がお馬鹿だった。
カーナビくんが指示しないので、自分のおぼろげな記憶で右折したら、うぇ~ん、とんでもハップンやった。
「なんで、早く指示せんのや!任務を怠ってどーすんねん!(怒)」
「だって、そのまま直進だったから。ぼくは直進の時は特に何も指示しない仕様なんです。(あほ)」
「......(ボーゼン)」
ウウウ、キミが狼少年だから常に疑いの念が起こり肝心な時に信用できへんかってん。。。




[PR]
by campanula2015 | 2016-06-26 23:30 | hiking
e0351924_20203034.jpg


入笠山(南アルプス前衛)
2016年6月19日(日) 曇り時々霧のち雨
沢入登山口8:05→入笠湿原(散策,8:45~9:05)→山彦荘9:05→マナスル山荘9:15→入笠山(9:40~9:50)→仏平峠10:05→首切清水10:10→大阿原湿原(散策&昼食,10:15~10:55)→首切清水11:00→入笠山(11:20~11:25)→マナスル山荘(11:45~11:55)→お花畑散策→入笠湿原12:10→登山口12:45
e0351924_11245214.jpg




我がおばかなカーナビくんだけれど・・・。
またまたテキトーな案内をしてくれて迷った(;;)
右だの左だのテキトーな指示をしたあげく、わけがわからなくなると黙り込む。
「おまえ、テキトーなこと言ってるやろ!」「あ、ばれた?」てな感じ。
とりあえず富士見パノラマリゾートにセットして、その手前の「戸田市立少年自然の家」の案内板に従って左折。戸田市立少年自然の家を目指すのがよろしいかと。
自然の家を過ぎ、自然の家キャンプ場を過ぎ・・・、そのあとはまあ勘で走れば駐車場にたどり着く。

帰りの温泉は、ゆ~とろん水神の湯。
いちおうカーナビをセットしてみたら、「なんでそっちよ?」な案内をされるも、「もしかして近道?」と素直に従ってみたら、細~い田舎道に突入して、道もないのに右だの左だの・・・。
沢入登山口の案内に失敗したのがショックで動揺したままだったのか、マジに頭が弱いのか・・・。
行きに温泉の場所を確認済みだったので、カーナビくんを無視して軌道修正すると「しばらく道なりです」などと明るい声でしれーっと言っちゃうキミは・・・。

温泉は露天風呂が良くオススメ。「沢入登山口の便所の前の看板を見て来た」と言うと800円のところを750円にしてくれる。
それと、マナスル山荘の手作りパンが美味しかった。「山値段」だけれど。


.
[PR]
by campanula2015 | 2016-06-19 23:30 | hiking
e0351924_1952634.jpg


天狗岳(北八ヶ岳)
2016年6月18日(土) 晴れ
唐沢鉱泉前駐車場6:50→枯尾ノ峰分岐(7:35~7:40)→第一展望台8:15→第二展望台(8:35~8:40)→西天狗(9:15~9:30)→東天狗(昼食,9:50~10:10)→天狗の奥庭分岐10:20→天狗の奥庭10:50→天狗岳展望地(11:05~11:10)→黒百合ヒュッテ(11:15~11:30)→唐沢鉱泉分岐(12:00~12:05)→登山口(赤い橋)12:45→唐沢鉱泉12:49→駐車場12:50
e0351924_1124625.jpg




カーナビに「唐沢鉱泉」と入れると、「唐沢鉱泉自宅」となり「自宅」へ案内する我がカーナビくん。
オーナーの自宅に案内してどーすんねん! あほちゃうか!?
よって、フォレストカントリークラブ三井の森に設定。三井の森を過ぎるとダートになりそのまま道なりに走り、桜平との分岐は左(分岐に唐沢鉱泉の案内板がある)。このダートは普通車でも心配がない。
30台ほど駐車できる駐車場が唐沢鉱泉の手前にある。トイレもある。
この30台というのは、みんなが後から来る者のことを考えて駐車した場合である。
自分さえ駐車できればいいっという人がいると20台に減る。今日も隅からちゃんと駐車してくれれば、少なくともあと3台は余裕で駐車できたはず。ま、文句を言っても仕方がないので、「人の振り見て我が振り直せ」で自分への戒めとしよう。
6時半過ぎにはすでに路駐でありました。

帰りの温泉は唐沢鉱泉。なかなか良かった。オススメ。



.
[PR]
by campanula2015 | 2016-06-18 23:30 | hiking
e0351924_21353194.jpg


櫛形山(南アルプス前衛)
2016年6月12日(日) 晴れ
駐車場7:00→北尾根登山口7:20→みはらし平(8:15~8:20)→アヤメ平(9:45~10:05)→唐松岳(10:20~10:30)→アヤメ平(10:45~11:00)→裸山(11:25~11:40)→櫛形山 (12:15~12:20)→ほこら小屋(12:45~12:50)→林道出合13:20→駐車場14:00
e0351924_11323371.jpg



カーナビは「ウッドヴィレッジ伊奈ヶ湖」でセット。県民の森の無料駐車場に駐車させてもらった。
自分のカーナビ、頭が弱いみたいなんだけれど、どっか良い塾でもないかしら?
林道のどうでもいいところでは、うるさいくらいに「300m先斜め右です!」と高らかに宣言するのだが、そんな細い未舗装の道に誰が入るか!?ってところで指示されても、要は道なりでしょ!と。
なのにだ、「えー、ここどっちよ?」って分岐では沈黙。
こっちが勘で右折してしばらくすると、「しばらく道なりです」としれーっと言うのだ。
まさか主に似たってことはないよね?



.
[PR]
by campanula2015 | 2016-06-12 21:30 | hiking
e0351924_2130521.jpg

(西岳からの展望)


西岳~編笠山(八ヶ岳)
2016年6月11日(土) 晴れ
駐車場6:55→ゲート7:00→登山口7:01→五叉路7:20→不動清水(7:25~7:30)→ 西岳(9:30~9:45)→乙女の水10:25→青年小屋(10:30~10:45)→編笠山(昼食,11:15~11:40)→石小屋12:55→見晴台13:00→盃流し13:15→五叉路13:25→ゲート13:35→ 駐車場13:40
e0351924_10364858.jpg



カーナビは、「富士見高原ゴルフコース」でセット。
登山者用に解放された駐車場は2箇所ある。広い駐車場で、このルートで登る登山者はそれほど多いわけでもないので余裕で駐車できた。
しかも、最後の数kmはプレッシャーを感じる未舗装のガタゴト道ではなく、すれ違い余裕の舗装道路のまま駐車場に到着。中央道のICからも近い。あー楽ちん。
駐車料金代わりに、帰りは富士見高原リゾートの系列である「ホテル八峯苑 鹿の湯」に寄る。


今年は花の開花が早いというけれど、どれもこれもというわけでもないような...。
e0351924_2131467.jpg

e0351924_21315735.jpg

e0351924_21321110.jpg

e0351924_21322567.jpg







[PR]
by campanula2015 | 2016-06-11 23:30 | hiking
e0351924_20132934.jpg


毛木平~十文字小屋(奥秩父)
2016年6月5日(日) 雨のち曇り
毛木平駐車場10:30→十文字小屋(11:55~12:25)→駐車場13:25
e0351924_10101482.jpg



昨日「東海地方は梅雨入りしたと思われる」との発表あり。
沢登りのために中央アルプス方面に向かうも前線の影響で雨。
あきらめて代替え案を考えつつ東に向かうと雨雲から抜けた。
んじゃあ、ちょっと散策して十文字小屋のシャクナゲでも見に行って来るかという観光案に落ち着いた。
シャクナゲよりも毛木平のベニバナイチヤクソウの群落がすばらしかった。
レンゲツツジも見ごろだった。

カーナビは梓山にセット。あとは標識に従い駐車場へ。整備された広い駐車場がありトイレもある。
それにしても ものすごい人だった。甲武信には誰も登りに来ない初冬にしか登ったことがなかったから知らなかったが人気の山なんだね。

帰りはお気に入りの「武田乃郷 白山温泉」に寄る。




.
[PR]
by campanula2015 | 2016-06-05 23:30 | hiking