カテゴリ:hiking( 84 )

e0351924_12200103.jpg


赤石岳(南アルプス)
2016年10月9日(日)~10日(祝)
10/9 雨のち曇り(朝方大雨,昼前には曇り)
畑薙第一ダム臨時駐車場11:30-(フォレスト送迎バス)-赤石岳登山口12:45
登山口12:50→樺段14:35→歩荷返し16:05→歩荷返し終了16:25→赤石小屋16:45(泊)

10/10 曇りのち晴れ
赤石小屋4:25→富士見平(5:10~5:15)→北沢源頭6:30→赤石小屋分岐7:20→赤石岳(7:35~7:50)→赤石小屋分岐8:00→北沢源頭8:30→富士見平(9:30~9:50)→赤石小屋(10:05~10:15)→歩荷返し終了(10:30~10:35)→歩荷返し10:45→樺段→登山口12:50→神社→椹島13:00
椹島14:00-(フォレスト送迎バス)-駐車場15:10
e0351924_11384803.jpg


先月に引き続き貴重な三連休に前線通過(泣)
なぐさめに手ごろな赤石岳に行った。本当は荒川三山との組み合わせで行きたかった。
三連休の前半が雨だったせいか、駐車場はガラ空き、送迎バスもガラ空き、山小屋もガラ空き、登山道もガラ空き。てか、歩いていて人に会わない。めっちゃ快適!
バスは、乗客が少ないので赤石岳登山口で下してくれた。
山頂からの展望は最高なのだが、稜線に出たら台風並みの強風が吹き荒れていて、寒くていられやしない。
3000m級の山はもう冬の訪れが近い。
e0351924_12202599.jpg


e0351924_12204444.jpg


e0351924_12210292.jpg



e0351924_12214791.jpg
自炊の素泊まりのつもりで、シュラフも自炊道具も背負っていったのだが、小屋に着くとジュウジュウと肉を焼く音と共にいい匂いがしていたので、贅沢をして小屋食を頼んでしまった。赤石小屋の夕食は生姜焼き定食。ごはんとみそ汁はおかわりし放題。肉のおかわりはなし。





[PR]
by campanula2015 | 2016-10-10 23:30 | hiking
e0351924_11460014.jpg

白駒池の紅葉は色づき始め




白駒池~ニュウ(北八ケ岳)
2016年10月3日(日) 曇り時々晴れ
駐車場8:10→白駒池入口8:30→白駒池(青苔荘,8:45~8:50)→白駒荘(8:55~9:05)→ニュウ(昼食,10:25~10:40)→中山峠分岐(11:30~11:35)→中山(通過ピーク)11:45→中山展望台(11:55~12:00)→高見石小屋(軽食,高見石往復15分,12:50~13:35)→白駒荘(14:00~14:05)→麦草ヒュッテ14:40→駐車場14:42

e0351924_11495264.jpg


カーナビは、ズバリ「麦草峠」でセット
麦草峠の無料の公共駐車場は残り1台だった。ラッキー!!
というか、軽四がバックでやっとやっと入れられるビミョーなスペースが最後に残ったので、自分の前の車たちが有料駐車場に去って行ってくれたおかげで無料で駐車できた。
いやいや両隣の車がちゃんと詰めずにアバウトに止めてくれたおかげかな。
さて、ここで我が腕の見せ所。切り返しなしの一発でバッチリ入れたら、見ていたおばちゃんらが拍手してくれたので、ドヤ顔で会釈を返したった(笑) 辺鄙な山に通っていると自然と車庫入れがうまくなるのだ。
無料駐車場は約30台でトイレもある。そのすぐ先の麦草ヒュッテの駐車場は施設利用者のみ駐車可能なようだ。
さらにそこから700~800m先の白駒池入口に有料駐車場がある。こちらは150台ほど。500円。


このところの雨続きのせいか、登山道はじゅるじゅるにぬかるんでいて歩くところを探すのに苦労した。
ぬかるんでいるだけならいいが「沼」になっているところまであった。

e0351924_12040346.jpg


高見石小屋の揚げパンが名物だと聞いたので食べに行った。なるほど揚げたてでおいしい。でも、おそらく冷めたらそれほどおいしくないと思う。
なんかアメリカンドッグの皮の味に似ているというか、市販のホットケーキミックスの味に似ているというか、そんな感じ。
e0351924_12042175.jpg




[PR]
by campanula2015 | 2016-10-02 23:58 | hiking
e0351924_19261661.jpg

北岳(南アルプス)
2016年9月24日(土)~25日(日)

9/24 曇りのち雨
奈良田第二駐車場前バス停9:03-(山梨交通バス,1130円)-広河原9:45
広河原9:55→広河原山荘(登山届)10:05→白根御池小屋12:30(幕営)

9/25 晴れ
白根御池小屋5:10→二俣分岐6:35→小太郎山分岐6:50→北岳肩ノ小屋(7:20~7:25)→両俣分岐7:40→北岳(8:00~8:25)→両俣分岐8:45→北岳肩ノ小屋(9:00~9:10)→小太郎山分岐9:25→二俣分岐9:35→御池小屋分岐(簡易トイレあり)10:20→白根御池小屋(テント撤収作業,10:40~11:15)→(見ず知らずの登山者にベーコンをごちそうになる)→分岐12:30→広河原山荘12:45→広河原12:50 
広河原14:00-(山梨交通バス)-奈良田14:45

e0351924_11445314.jpg



紅葉はまだ半月ほど先のようだが、ナナカマドが実を付けるなど山はすでに秋の訪れを感じさせた。
登山者も比較的少なめでゆったりと山を楽しめた。
花にこだわらなければ、登山者が減る今からが山を楽しむ良い時期であろう。

カーナビは奈良田温泉でセット。
第一駐車場が埋まっている場合は、そこから約500メートル先の第二駐車場。
第二駐車場の前にもバス乗り場があり、簡易トイレが設置されている。

e0351924_19433038.jpg

e0351924_19434726.jpg

e0351924_19440992.jpg





ナント! 20年ぶりに北岳山頂の山名標柱を立て替えている場面に遭遇!
ほぼ準備が整ったところで賽銭を投入。自分は5円を入れたが、500円玉とかを入れている登山者もいた。
e0351924_19590420.jpg

そして、「埋める石を入れたい人、どうぞ~」と登山者に声がかかり、ボーと立っていたところに「ほら、お姉ちゃん、写真を撮ってあげるからその大きい石を入れて」
ま、「お姉ちゃん」じゃなくて限りなくばあちゃんに近い「おばちゃん」なんだが、 頭が弱いオンナは若く見えるという典型ね(笑)
めっちゃ嬉しそう(笑)

e0351924_19592249.jpg

仕上げをする関係者。
e0351924_19594110.jpg


そして、ナント、ナント、「さあ、記念撮影していいよ。あなたが第一号記念撮影だ。」とおじさんに促され北岳新山名標柱の第一号記念撮影者となった。
一号を示す指1本のポーズをしてご満悦。
しかし、「そこの僕、おいで」という感じで声を掛けられていたのには笑った。ま、おかげで第一号の栄誉に浴したのだが。

e0351924_20000196.jpg

旧標柱の残骸。20年間お疲れ様でした。
次の立て替えは20~30年後だそう。自分らはもう生きていない、かも?
e0351924_20001636.jpg






[PR]
by campanula2015 | 2016-09-25 23:30 | hiking
e0351924_19342519.jpg

硫黄岳(八ヶ岳)

2016年9月10日(土) 晴れ時々曇り
美濃戸口6:40→美濃戸山荘7:30→堰堤広場(8:15~8:20)→赤岳鉱泉(9:10~9:20)→赤岩ノ頭(10:25~10:30)→硫黄岳(昼食,10:50~11:35)→赤岩ノ頭(11:45~11:50)→赤岳鉱泉(12:30~12:50)→堰堤広場13:30→美濃戸山荘(14:00~14:05)→美濃戸口14:40
e0351924_10433383.jpg

カーナビは、先週と同じく八ヶ岳高原美術館

これで4週連続週末の天気が思わしくないので、行き先に悩む。
土日曜とも晴れなら泊りで行きたい山はいくらでもあるが、暑い時期の日帰りとなると・・・。
結局今週も「困ったときの八ヶ岳」
来週は待望の三連休なのに、またまた週末狙いの台風がうろちょろし始めて(><)
天気ばかりはどうしようもないが、なんともやりきれない。

北沢コースは、堰堤広場までは未舗装の林道歩き。堰堤広場からやっと山道らしくなる。
樹林帯の中で展望はないが沢沿いの道は気持ちがいい。
硫黄岳山頂は360度の展望、のはずなのだがちょうどガスがかかって真っ白け。





[PR]
by campanula2015 | 2016-09-10 23:30 | hiking
e0351924_15542964.jpg

(御小屋尾根からの天狗岳方面)


阿弥陀岳(八ヶ岳)
2016年9月4日(土) 晴れ(山頂部は霧)
美濃戸口駐車場6:35→登山ポスト(計画書提出)→御小屋尾根登山口7:00→舟山十字路合流点(三角点)8:10→(約5秒)→御小屋山(8:10~8:20)→不動清水(9:00~9:05)→阿弥陀岳(昼食,11:05~12:10)→中岳のコル12:25→行者小屋分岐13:50→行者小屋(13:00~13:10)→美濃戸山荘(14:30~14:40)→美濃戸口15:25
e0351924_10021582.jpg

御小屋山で舟十字路から登ってきた登山者と合流。ナイスガイで同郷ゆえにとても気が合い、ここからは山頂までずっと世間話をしながら一緒に登る。山頂でも一緒にお昼を食べながら1時間もおしゃべり。
来た道を戻る彼と別れて、自分は南沢を下山。
積雪期とは様子が違って、石がごろごろしていて歩きにくい。ここは雪があるときに歩いた方が楽な登山道だ。
南沢の登山道だけではなく、山頂も行者小屋も冬とは全く違う様相で初めて来た山のようだった。

山小屋をカーナビに設定するのは何かとトラブルが多いので近くの施設にした。
八ヶ岳高原美術館でセット。美術館を過ぎ2~3分ほどで大きな看板を真ん中に挟んだY字路にぶつかる。右の道に入って間もなく右手に美濃戸口の駐車場。すぐに料金徴収のおじさんがすっ飛んで来て誘導してくれる。500円。
観光地的な山では駐車料を取られるのは仕方がない。





[PR]
by campanula2015 | 2016-09-03 23:30 | hiking
e0351924_2132483.jpg


茶臼岳~光岳(南アルプス)
2016年8月11日(祝)~13日(土) 

8/11 晴れ
沼平ゲート前駐車場7:40→畑薙大吊橋(8:15~8:20)→ヤレヤレ峠(8:50~8:55)→ウソッコ沢小屋(10:00~10:10)→中の段(11:10~11:20)→横窪沢小屋(11:55~12:20,麦茶の接待)→水場ベンチ(横窪・茶臼中間点,13:30~13:40)→樺段(14:10~14:15)→茶臼小屋15:05(幕営)

8/12 霧のち晴れのち霧
茶臼小屋4:15→横窪沢分岐4:30→茶臼岳(4:55~5:00)→仁田池5:10→希望峰(5:30~5:35)→易老岳(6:40~7:00)→三吉平(7:50~7:55)→静高平(水場,8:45~8:50)→イザルガ岳分岐9:00→光小屋(9:05~9:20)→光岳(9:35~9:50)→光石(9:55~10:00)→光岳10:10→光小屋(10:20~10:35)→イザルガ岳分岐10:45→イザルガ岳(10:55~11:05)→イザルガ岳分岐11:15→静高平11:20→易老岳(12:55~13:20)→希望峰(14:40~14:50)→仁田池15:05→茶臼岳(15:30~15:35)→横窪沢分岐15:45→茶臼小屋15:55(幕営)

8/13 霧のち晴れ
茶臼小屋5:30→樺段(5:55~6:00)→横窪沢小屋(6:55~7:20)→中の段7:45→ウソッコ沢小屋(8:20~8:35)→ヤレヤレ峠(9:35~9:40)→畑薙大吊橋10:05→沼平ゲート前駐車場10:40
e0351924_1184495.jpg


南アルプスらしい静かでしっとりとした登山路であった。
これはトレーニング山行ではないので、急がずゆっくりと山を楽しんできた。
ゆったりと森の雰囲気を楽しんだり、登山者との会話を楽しんだり、雷鳥を探索してみたり。
光岳は、山頂そのものよりも、そこに至るまでの登山路が魅力的な山だ。
最後に仁田岳山頂から光岳を眺めて締めくくろうと思っていたが、午後から再び霧が上がってきたので、すでに登ったことがある仁田岳は端折ることにして、その分ゆったりと森の中の散歩を満喫してきた。
e0351924_21323369.jpg

e0351924_21324640.jpg

e0351924_21325775.jpg


今回が初めての単独でのテント泊山行であった。
今まで共同装備として振り分けていたものを全部自分で背負うのだから、10cmくらい足が短くなった気がする。
最初なので入門編ということで、初心者向けの光岳にした。しかも茶臼小屋にテントを張りっぱなしにしてのピストン。テントを背負ったのは茶臼小屋まで。
無理をしない主義なのだ^^;

タケさんの強力なプッシュで購入を決めた新築の我が城。
今回はTJARと日程が重なってしまい、その応援関係の人が押し寄せて、沼平の駐車場も茶臼のテント場もあり得ない状況(・・)
我が城は通路に建てることとなったのであった。
e0351924_21321544.jpg


TJARの参加選手の南アルプスの通過と日程が重なってしまい、良くも悪くもTJARに翻弄された山旅であった。
いろいろ問題点は多いと思うが、選手自体はマナーも良く、気さくな選手が多く何人もの選手と言葉を交わしたり、逆にこちらが励まされたり^^;
応援のファンのマナーの改善が今後の課題だろうと思った。

カーナビは「畑薙湖」でセット。
畑薙の臨時駐車場を通り過ぎ、ダム湖を通り過ぎ、一般車両通行禁止ゲートまで進む。
ゲートのすぐ手前に登山者用の駐車場が2か所ある。ゲート前に登山届の用紙とポストもある。

積雪量が少なく、春以降の雨も少なかったせいなのか、今年は茶臼の水場の水量が細い。
これで秋まで持つのか?という感じ。
光小屋手前の水場は枯れていなくて取水可能だった。ここの水はめっちゃおいしい水だった。

下山後は、お決まりの白樺荘の日帰り温泉。
そして、これまたお決まりの、たんぱく質とカルシウムと塩分補給にやまめおろしそば。




[PR]
by campanula2015 | 2016-08-13 23:30 | hiking
e0351924_1941510.jpg


唐松岳~五竜岳(北アルプス)
2016年7月30日(土)~31日(日)

7/30 曇りのち時々雨
八方第五駐車場5:35-(徒歩)-八方スキー場ゴンドラリフト「アダム」乗り場5:40- (ゴンドラ-リフト2本)-八方池山荘
八方池山荘6:50→八方山ケルン7:15→第二ケルン(トイレ,7:20~7:30)→八方ケルン (7:20~7:30)→八方池(7:50~7:55)→扇雪渓(9:10~9:25)→丸山ケルン9:50→唐松岳頂上山荘(10:45~11:00)→唐松岳(11:20~11:35)→唐松岳頂上山荘(11:50~12:05)→五竜山荘15:15(泊)

7/31 曇り時々晴れのち小雨のち曇り
五竜山荘5:45→五竜岳(6:55~7:15)→五竜山荘(8:15~8:45)→白岳→西遠見山10:35→大遠見山→中遠見山11:50→小遠見山→地蔵の頭13:20→アルプス平駅13:35
e0351924_9375130.jpg




さすがは北アルプスである。南アルプスとは人の数が違う。
ゴンドラに乗るにも、宿泊手続きをするにも、トイレに入るにも、食事をするにも、ビールを買うにも、山頂標識の前で写真を撮るにも、長い長い順番待ちであった。
登山道に至っては、ツアー客の長い列が延々と続き、すれ違い待ちの停止が延々と繰り返され、まさに「牛歩」、ちっとも進まないのであった。
また、休憩に適したちょっとした広場には人があふれていて、どこで休憩したらいいのやら(とほほほ)。
e0351924_19415460.jpg

e0351924_1942841.jpg

e0351924_19422053.jpg

e0351924_19423475.jpg



八方第五駐車場に駐車して、徒歩5分ほどの八方スキー場のゴンドラ乗り場まで歩いたので、カーナビは八方の湯でセット。
駐車場は、八方の湯からほんのわずか先。
帰りは、テレキャビンのアルプス平駅からタクシーで(10分くらい)車の回収をしに戻った。
南アルプスと違って観光地なのでタクシーを呼ぶのに苦労するなんてことはなし。
インフォメーションもみやげ物売り場もあるので、お金さえ持っていればなんとでもなる。

帰りの温泉は、アルプス平駅に併設されている白馬五竜スキー場「エスカルプラザ」のB1の仮眠室の奥にある温泉 白馬姫川温泉「竜神の湯」
露天風呂なし。


[PR]
by campanula2015 | 2016-07-31 23:30 | hiking
e0351924_2148863.jpg


笊ヶ岳(南アルプス) 
2016年7月24日(日) 曇り時々晴れ
老平駐車場3:30→林道終点4:05→廃屋4:10→吊橋→広河原(渡渉,5:10~5:30)→山の神(6:15~6:20)→檜横手山(8:20~8:40)→布引山(10:20~10:40)→笊ヶ岳(11:40~12:20)→布引山(13:00~13:15)→檜横手山(14:20~14:30)→山の神(15:55~16:00)→広河原(渡渉,16:30~17:10)→吊橋17:55→廃屋18:05→林道終点18:10→老平駐車場18:45
e0351924_1102794.jpg



登山ルートについては結構迷った。
椹島からだとあの不便極まりないバスのせいで前後泊しなければならなくなるので2日も無駄になる。
所ノ沢越えの稲又谷の道は廃道になって久しく大きなガレがあるので使えない。
ランカン尾根は薮こぎになってしまう。この時期ってゼッタイ、ダニ地獄に違いない。
青薙山から雨畑への縦走は山中1泊しないといけないし、車が2台必要になる。
残るは、面白味はないけれど確実に行ってこれる初心者向きの老平からのピストン。
冒険するのは経験を積んでから。初心者の内は初心者向きのルートで安全優先!で折り合いをつけた。



早朝出発するために駐車場に前泊。
が、蚊がたくさん入り込んでしまい、耳元でウ~ンという羽音だけならまだしもバッチリ刺してくるので一睡もできず(;;)
結局またもや「弾丸登山」(とほほほ)
e0351924_21471585.jpg


この日は午前10時頃までは山頂は晴れ渡っていて、富士山も赤石もばっちりの展望、だったそう。
我々が山頂についた時にはガスが上がってきていて、よ~く目を凝らせば赤石が見えなくもない...という感じ。
でも、標高差2000m以上の行程だから達成感がある。登山路の森の雰囲気が良かったから大満足な山旅であった。(あの蚊さえいなけりゃね...)
e0351924_21474518.jpg

e0351924_21475782.jpg


今回は「河原の温泉掘り」ではなく広河原の渡渉。
e0351924_21483991.jpg

e0351924_21484921.jpg


登りよりも下りが大変だった。
急斜面で足場が悪く滑りやすいので慎重になるのはわかるが、遅々としてちっとも高度が下がらない。
登りでは同行者の意のままに休憩を入れていたが、広河原の渡渉前に陽が暮れるとやっかいなので、下山の途中からはすぐに休憩したがる同行者の「足が痛い」「腰が痛い」「疲れた」には聞こえないふり^^;
罪滅ぼしに?広河原では大休憩を入れて、しばし水遊び。
自分は冷たくて入っていられなかったが、酷使した足のクールダウンには最適かも。

帰りの温泉は、登山口近くのヴィラ雨畑すず里の湯。





[PR]
by campanula2015 | 2016-07-24 23:30 | hiking
e0351924_21245786.jpg


聖岳~赤石岳(南アルプス)
2016年7月16~18日

7/18 くもりのち晴れのち霧
聖岳登山口9:45→聖沢吊橋(11:00~11:05)→滝見台→慰霊碑(14:00~14:05)→聖平小屋14:50(泊)

7/17 霧のち小雨
聖平小屋5:05→薊畑分岐5:30→小聖岳(6:25~6:30)→前聖岳(7:30~7:55)→兔岳避難小屋9:30→兔岳(9:40~9:55)→小兔岳(10:45~10:50)→中盛丸山(11:35~11:55)→大沢岳分岐12:05→大沢12:25→大沢岳分岐12:45→百聞洞山の家13:10(泊)

7/18 快晴
百聞洞山の家5:00→百聞平(5:45~5:50)→赤石岳(7:25~7:45)→小赤石岳分岐8:00→北沢源頭8:30→富士見平(9:20~9:30)→赤石小屋(9:55~10:00)→カンバ段11:20→赤石岳登山口12:30→椹島ロッヂ12:35
e0351924_10573710.jpg



1日目は、ナント稜線上はピーカンだったそう。そのころ自分は、晴れていても雨でもどっちでもいい樹林帯の中。
2日目はガスガス(笑) でも、雷鳥に会える絶好の天気でもある。会えました!!
3日目は、ピーカン。青空に稜線が映えて、もううっとり。富士山はもとより遠く北アルプスまでもが見渡せた。
今日登らずしていつ登るのだ?というくらいの絶好の山日和。あー、来て良かった。南アルプス最高!!
e0351924_21252751.jpg

e0351924_21254353.jpg

e0351924_21255753.jpg

e0351924_2126982.jpg

e0351924_21262237.jpg



カーナビは畑薙湖でセット。
今年から東海フォレストの送迎バスの時刻が変わって7:30始発となった。
6:30には駐車場に着いていたが、すでに毎日なんちゃらの行列で第一便アウト、2時間待ち決定(;;)
毎日なんちゃらの運行日を確認して、最初から第二便狙いで来た方が賢い気がする。

帰りの温泉は白樺荘。





[PR]
by campanula2015 | 2016-07-18 23:30 | hiking
e0351924_225694.jpg



八海山(越後三山)
2016年7月9日(土) 雨
八海山スキー場ロープウェイ山麓駅10:20-(ロープウェイ)-山頂駅10:27
山頂駅10:30→女人堂(11:25~11:30)→薬師岳12:15→千本檜小屋(12:20~12:30)→白川岳13:10→摩利支天13:20→大日岳(13:30~13:40)→千本檜小屋(14:20~14:30)→薬師岳14:35→女人堂15:00→ロープウェイ山頂駅15:45
山頂駅16:00-(ロープウェイ)-山麓駅16:07

e0351924_1184415.jpg


金曜日の夜、仕事を終えてから中央道を長野方面に。
深夜、信州中野に着きICを出たところの例の大きな屋根の下で車中泊...のつもりが...。
ガーン、ゲートが閉まっていて入れない。そっか、ここはチェーンの脱着場だから冬しか開いてないのか...。
やむなく道の駅に移動して3時間ほど仮眠。
早朝、長野と新潟の県境にある目的の山に向かうも雨が止まず。
この程度の雨なら登ってもいいのだが、1箇所渡渉があり、行きは良しとしても帰りに増水で渡れなかったというのは笑えないので、登山口の偵察だけに留めて近くの川に温泉を掘りに行った。
e0351924_2253595.jpg


川底から温泉が湧き出ていて、それを川の水でぬるめるのだが、突然熱くなったり冷たくなったりで湯加減がよろしくない(笑) 
てか、朝っぱらから雨の中、温泉を掘っているやつなんて他にいないし。
「なんだよ、この温泉...。やっぱ山に登りに行くか...。」ってことで、新潟に入りお手軽な山に登ることに。
e0351924_2255692.jpg


「お手軽」のはずだったのだが、全然お手軽じゃなかった。
雨で難易度が上がっていて、岩は滑るわ、鎖を持つ手は滑るわで、山頂からの垂直の岩の下降2本にもう必死(笑)
山頂で会ったパーティーはザイルを出していたが、こちらは持ってはいたけれどそこまでの難易度ではないと判断してフツーに下降。
e0351924_22854.jpg


下山は登山道が半ば沢状態でじゃぶんじゃぶん。
展望がないのが残念だったが、条件の悪い時にも登っておきたかったので自分としては満足な山だった。
こういう時に登ると、いろいろな課題や改善点がみえて今後の役に立つから初心者の自分には勉強になる。

帰りの温泉は、気さくで親切なロープウェイのお姉さんお勧めの「千手温泉 千年の湯」
これがなかなか良くて大満足。お姉さん、ありがとう!!
さすが、米どころ。そこらのスーパーのおにぎりも道の駅の定食もご飯がうまい!!
やっぱ、米が良いと違うなあ。魚沼から米をお取り寄せしたい気分になった。

ほとんど「弾丸登山」の一種?なので、帰りの運転は眠くて眠くて仮眠に次ぐ仮眠。
翌日の講習会に出席しなければならないので朝までにはなんとしても帰りたい。
でも眠い。15分ほど仮眠して運転。30分くらいするとまた眠くなるので仮眠。
中央道を下りたあたりで日付が変わった。
「増水で渡渉できずビバークしました」とか「高速の渋滞でまだ長野です」とか「沢の水を飲んでおなかが痛いです」(笑)とか、いろいろ言い訳も考えたが、翌日そのまま「弾丸登山」の延長で読図講習を受けながら山伏に登りましたとさ。
しかも、濡れたザックカバーや合羽を乾かしながら講習を受ける受講生ってどうなんでしょ?





[PR]
by campanula2015 | 2016-07-11 23:30 | hiking