カテゴリ:hiking( 120 )

e0351924_16484164.jpg


京丸川~高塚山~京丸山(南アルプス深南部)
2016年11月26日(土)~27日(日)

11/26 晴れ
駐車スペース7:20→京丸川遡行→尾根取付→竜馬ヶ岳直下→避難小屋14:50(泊)

11/27 曇りのち小雨
避難小屋9:00→なめくじ平(10:20~10:35)→高塚山(10:50~11:00)→三本檜11:10→1416ピーク11:50→京丸山(13:00~13:15)→藤原家(14:35~14:45)→駐車スペース15:00

e0351924_16505493.jpg

自分にはちょっとハードだったけれど、いろいろと勉強になった有意義な山行だった。
体力のなさや歩行の欠点が露呈して、それが遭難につながりかねないことを身をもって体験した。
安倍奥のヴァリエーションルートは何回も歩いたことがあるが、安倍奥ごときのそれは子供のお遊びに過ぎないことを思い知らされた。



.

[PR]
by campanula2015 | 2016-11-27 23:30 | hiking
e0351924_11490635.jpg




檜洞丸(丹沢山塊)
2016年11月20日(日) 曇り時々晴れ
西丹沢自然教室7:35→ツツジ新道登山口7:45→ゴーラ沢出合8:20→富士山展望地(9:05~9:15)→ベンチ→石棚山稜分岐10:10→檜洞丸(昼食,青ヶ岳山荘往復10分含む,10:25~10:55)→石棚山稜分岐11:05→ベンチ11:10→富士山展望地(11:45~11:50)→ゴーラ沢出合(12:25~12:30)→登山口13:00→西丹沢自然教室13:05

e0351924_11503289.jpg



今年の紅葉はどこもいまひとつとは言うが、名所と言われるところに行ったことがないので、こんなでも十分秋を満喫できて満足している自分(*^^*)。
それよりも、ちゃっちゃと山は片づけて温泉につかりたい気分だったので、下山後いそいそと中川温泉「ぶなの湯」へ。ぐすん、ハズレ、やった。
ま、山梨.長野.静岡の安くて良い温泉に入りまくっているから、紅葉と違って温泉に対する評価は厳しくなっているのかも。
e0351924_12012467.jpg


カーナビは、西丹沢自然教室でセット。
西丹沢自然教室の駐車場は数台しか駐車できない。しかし、付近に40~50台ほど(みんなが後から来るもののことを考えて思いやり駐車をすればだけど...)の駐車スペースがある。画像の奥の青い屋根が西丹沢自然教室。
e0351924_12121369.jpg







[PR]
by campanula2015 | 2016-11-20 23:30 | hiking
e0351924_15380726.jpg



塔ノ岳~鍋割山(丹沢山塊)

2016年11月12日(土)晴れ
大倉市営駐車場8:05→雑事場ノ平(8:50~8:55)→見晴茶屋8:57→一本松のベンチ9:15→駒止茶屋9:25→堀山の家(9:50~9:55)→茅場平10:10→花立山荘(10:35~10:50)→金冷シ11:10→塔ノ岳(昼食,11:20~11:45)→金冷シ12:00→大丸12:05→小丸尾根分岐12:20→鍋割山(鍋割うどん,12:45~13:35)→後沢乗越14:15→渡渉(橋あり,14:35)→渡渉(橋あり,14:45)→ゲート15:20→駐車場15:35

e0351924_11454620.jpg



都会のハイカーが集う山域と言えば丹沢山塊。その中でも最も人気の高い山だというのが塔ノ岳。
あまりにも登山道が整備されすぎていて山に登った気がしない、というのが正直な感想。
でも、金冷シから鍋割山に向かう登山道は、紅葉が見ごろで雰囲気の良い登山道だった。

鍋割山に来たらやはり有名な鍋割うどんを食べないといけないと思い注文の列に並ぶ。
昼を過ぎて比較的空いてきたそうで、注文してから30分待ちだった。では、昼時は何分待ちだったのだろう?
30分以上も待って食べたうどんのお味はと言うと、いたってフツー。これが下界のうどん屋ならまず行列はできない。

e0351924_15514353.jpg


カーナビは、「どんぐりハウス」でセットした。
大倉バス停のすぐ近くにある店だ。どんぐりハウスのすぐ裏が公共の有料駐車場。
朝8:00からとネットで確認して行ったが、7:50ごろに着いたらすでにゲートが作動していてたくさんの車が止まっていた。
周辺には民間の24時間営業の駐車場もたくさんある。さすが都会だ。
e0351924_15550193.jpg

んで、我がカーナビ君なんだけど、、、。
前々から不思議思っていたのだけれど、行きと帰りでは違う道を案内したりするのはなぜ?
ピストンよりも周回の方が楽しめると思ってのサービス?
同じ道を案内してくれれば道を覚えるのに、違う道を案内するから頭が混乱して覚えられん。
「もうカーナビは要らん」と言われないようにするための自衛策?




.


[PR]
by campanula2015 | 2016-11-12 23:30 | hiking
e0351924_14241828.jpg


沢口山(奥大井)
2016年11月5日(日) 晴れ
寸又峡温泉駐車場6:55→かじか沢登山口7:10→稜線出合7:30→展望地(8:20~8:30)→木馬の段8:40→富士見平(分岐)9:00→ヌタ場の大ミズナラ9:15→沢口山(昼食,9:30~10:10)→ヌタ場の大ミズナラ10:20→富士見平(猿並平コース分岐)10:30→盤台跡展望所11:00→送電鉄塔11:15→駐車場11:40

e0351924_16523079.jpg


カーナビは、寸又峡温泉でセット。
寸又峡温泉の駐車場は、普段は無料だが紅葉の時期は500円徴収される。
また、昼間は紅葉狩りの観光客の利便性のために、77号線のすれ違いが困難な区間で片側通行の交通整理が行われる。

帰りの温泉は、翠紅苑の日帰り入浴。
続きは、↓の「more」にて。



more(沢口山ハイキングコース)
[PR]
by campanula2015 | 2016-11-05 23:30 | hiking
e0351924_14090401.jpg


大菩薩嶺(大菩薩連嶺)
2016年11月3日(祝)
丸川峠分岐駐車場8:05→登山口8:20→丸川峠(丸川荘,9:40~9:50)→大菩薩嶺(11:00~11:10)→唐松尾根分岐広場(富士山展望地,昼食,11:15~11:30)→賽の河原(避難小屋)11:50→親不知ノ頭11:52→大菩薩峠(12:00~12:15,公衆トイレ有)→勝緑荘12:35→福ちゃん荘12:40→上日川峠(ロッジ長兵衛,13:05)→(登山道崩落につき修復工事中の箇所あり,迂回路あり)→第二展望台13:30→千石茶屋13:55→駐車場14:05

e0351924_14171822.jpg



カーナビは、霊峰寺でセット。霊峰寺を通り過ぎるとすぐに右手に霊峰寺の駐車場と公衆トイレ。さらにしばらく進むと左手に駐車場。
冬季はこの駐車場から先は通行止めになるようだ。
うまく駐車すれば20台くらいが駐車可能だが、ほとんどが(99%くらい?)が上日川峠の駐車場起点のハイカーなので、この駐車場は閑散としていた。

登山道は、この駐車場~大菩薩嶺と上日川峠~駐車場は静まり返っていて、登山道の修復工事中のおじさんにしか会わなかった。不人気なようだ。
大菩薩嶺~上日川峠は、ハイキングクラブ御一行様,グループ登山,親子連れ,犬連れなどでごった返していて、山小屋を兼ねた土産物屋まであった。
この山のメインルートは、上日川峠~大菩薩峠~大菩薩嶺~上日川峠のようだ。展望も良くて明るい登山道で、なるほどねっと頷ける。
自分が近所の人や従姉を連れてくるなら、やはりこのルートにするだろう。
でも、単独だと、交通費かけてまで散歩みたいなハイキングなんてするのはコスパ悪すぎって思う。


丸川峠分岐駐車場

e0351924_14511442.jpg





[PR]
by campanula2015 | 2016-11-03 23:30 | hiking

e0351924_15434258.jpg

下ノ廊下(北アルプス)
2016年10月29日(土)~30日(日)

10/29(土) 小雨時々曇り
大町温泉郷6:28-(アルピコ交通バス,1010円)-扇沢駅6:55  
扇沢7:30-(関電トンネルトロリーバス,1530円)-黒部ダム7:46

黒部ダム8:10→内蔵助谷出合9:10→白竜峡11:50→十字峡12:40→S字峡→東谷吊橋14:15→ 仙人谷ダム14:30→阿曽原温泉小屋15:20(幕営)

10/30(日) 曇りのち晴れ
阿曽原温泉小屋6:45→折尾ノ大滝(8:05~8:15)→志合谷トンネル9:10→欅平駅11:05

欅平11:25-(黒部渓谷鉄道トロッコ電車,1710円,普通車は窓なしで寒い)-宇奈月12:43
宇奈月駅-(徒歩約5分)-宇奈月温泉駅
宇奈月温泉-(富山地方鉄道,630円)-新黒部13:48
新黒部-(徒歩約10分)-黒部宇奈月温泉
黒部宇奈月温泉-(JR北陸新幹線はくたか)-糸魚川14:45
糸魚川15:16-南小谷16:17/16:20-信濃大町17:15(JR大糸線,JR区間1940円)
信濃大町-(タクシー,約10分,2400円,最終バスが17:10のため)-大町温泉郷

車の回収は公共交通機関を使って半日がかり。
でも、観光客に交じって黒部渓谷鉄道のトロッコ電車に乗って観光気分も味わえて良かった。
車の回送業者を利用すれば帰りが楽だが、ある程度人数が集まらないと費用負担が大きい。
自力で車の回収に行く場合、信濃大町駅周辺に駐車した方が便利だとは思うが、このあたりの駐車場事情に詳しくなかったので、大町温泉に駐車した。

e0351924_09580753.jpg


小雨が降り続くガスっている中での散策となってしまったが、それでも紅葉のすばらしさ、切り立った崖のうっとりするようなかっこよさ、沢の水量の豊富さには感嘆するばかり。
温泉がこれまた湯加減が絶妙で最高! 
自分のような初心者がこの秘境を安全に歩けるのは、関西電力がダムの見返りに毎年数千万円もの多額の費用をかけて、この水平歩道の整備維持をしているからである。
人が絶景を楽しむその裏には自然破壊があることも忘れてはならないであろう。
リニアの見返りにJR東海は何をしてくれるのかなぁ。。。

勾配がほとんどない遊歩道的登山道で体力がほとんど必要ないので中高年向きかと思うが、意外にも若い人の割合が高かった。
この日小屋は満員御礼で1枚の布団に2人だったようだ。テント場も混んでいたが、テントを張ってしまえば、1人1つのシュラフで快適そのもの。
温泉に入って芯まで温まり、きりたんぽ鍋を作ってビールで乾杯して、ゆったりと寝た。

帰りの温泉は、大町温泉郷「薬師の湯」

e0351924_15442074.jpg

e0351924_15445533.jpg


e0351924_15451751.jpg

e0351924_15485210.jpg


.



[PR]
by campanula2015 | 2016-10-30 23:30 | hiking
e0351924_15255089.jpg

(雨池南岸にて)



縞枯山~茶臼山(北八ヶ岳)
2016年10月22日(土) 曇り時々晴れ
麦草峠公共駐車場8:15→茶水ノ池8:20→雨池南岸9:05→雨池東岸(八柱山分岐)9:20→八柱山(9:35~9:45)→雨池東岸10:05→雨池西岸10:20→雨池峠分岐10:40→雨池峠11:00→縞枯山荘(昼食,11:05~11:25)→雨池峠11:30→縞枯山11:55→展望台分岐11:57→展望台(12:00~12:08)→展望台分岐12:10→茶臼山12:30→展望台(12:33~12:57)→茶臼山12:55→中小場13:05→大石峠13:15→駐車場13:30

e0351924_13342527.jpg

八柱山の山頂から落葉松尾根をのぞき込むと、カラマツが良い具合に黄葉していた。
八柱山登山口に駐車して落葉松尾根を登り、雨池~縞枯山~茶臼山と回れば良かったかもしれない。
八柱山なんて「ついで」と馬鹿にしていたのだが、意外や意外、縞枯や茶臼よりもずっと良かった。
深宇宙探査アンテナがデ~ンと立っているのが難点だが、静かで落ち着くし浅間山や富士山も見える。

カーナビは「麦草峠」でセット。無料の公共駐車場は8:00の時点で満車、ぎりぎり止めた。
帰りの温泉は縄文の湯。
で、久しぶりに我がカーナビ君が ぱーだということを実感した。
縄文の湯に行くのに、信号を右折すればそのまま表玄関の前に着くのに、我がカーナビ君は信号の先の細い小路を曲がれと指示。
小路に入ってみると、こんなとこ近所の人しか通らんやろ!(怒)という道やった。車1台がやっと通れる家と家の間の未舗装の道路。そこをしばらく走った後で右折して温泉前の道に出るのだ。あほちゃうか!?
帰りはもちろんのこと、カーナビ君を無視して温泉前の広い道から帰った。







[PR]
by campanula2015 | 2016-10-22 23:30 | hiking

e0351924_15552030.jpg

白峰三山(南アルプス)
2016年10月15日(土)~16日(日) 快晴

10/15
奈良田第二駐車場5:05→奈良田第一駐車場前バス停5:15
奈良田第一駐車場前バス停5:30-(山梨交通バス)-広河原6:30

広河原6:40→広河原山荘(登山届)6:50→大樺沢分岐7:15→大樺沢二俣(8:50~9:10)→八本歯のコル(11:10~11:30)→池山吊尾根分岐(12:15~12:25)→北岳(12:45~13:05)→池山吊尾根分岐13:20→北岳山荘14:00(泊)

10/16
北岳山荘4:45→中白根山(5:25~5:30)→間ノ岳(6:30~6:50)→(朝食)→農鳥小屋(7:50~8:00)→西農鳥岳(8:50~9:00)→農鳥岳(9:35~9:50)→大門沢下降点(10:20~10:25)→大門沢小屋(12:25~12:40)→森山橋14:25→林道出合14:30→奈良田第一発電所前14:50→奈良田第二駐車場15:05

e0351924_15545520.jpg



10/15
シーズンオフとあってバスが1台しか来ず、第二駐車場で30人ほどが乗れずに折り返し運転を待つことになった。第一駐車場まで歩いて行って良かった。
北岳山荘は定員いっぱいの混雑だったにもかかわらず、素泊まり客は4人のみだった。
山小屋のスタッフが「ものすごく寒いですけれど、凍死の心配はないですから安心してください。」
素泊まり部屋は隙間風も入るので4人だけでは寒くて寝れないかと思っていたら、持参した保温シーツのおかげか意外に暖かくよく眠れた。
それに、レスキューシートもかぶって寝たからね。
ちなみに素泊まり部屋は、建物の外側に板囲いをして「増築」しただけのものなので、実質「外」(笑)
しかし、、、北岳の登山者は何も持たずにやって来て、寝具付き.朝夕二食付き.弁当付きの「フルオーダー」で泊まる人が多いのにはちょっとビックリ。
e0351924_15555371.jpg




10/16
まだ暗いうちに小屋を出た。中白根山あたりで空が明るくなってきて、中白根山の先の稜線上で日の出を迎えた。
すっかり明るくなってから、稜線上で景色を眺めながら朝食にした。
間ノ岳を過ぎると登山者が激減して快適な稜線歩きが待っていた。
今日の行程は、10時間足らずでその大半が下りの楽な行程。急ぐこともないので、稜線上は景色を満喫しながらゆったりと歩いた。
こんな素晴らしい秋晴れの日に登山者もまばらな静かな稜線を満喫できる日はめったにないから急ぐのはあほらしい。
んー、もっと良いカメラが欲しくなるなあ。手持ちのカメラではゴミみたいな写真しか撮れなくて残念(><)
大門沢の下りでサルの群れが叫び声をあげて上から降りて来たが一瞥すると群れが停止。
素知らぬふりで歩き始めるとそのまま去って行った。内心ドキッとした。
大門沢の下りでは、壊れていたり傾いていたりとデンジャラスな橋が多く楽しかった。
最後の渡渉は水量が多いのか、靴を脱がずに渡れるギリギリのところだった。

e0351924_15561516.jpg


e0351924_15563149.jpg
e0351924_15565555.jpg
e0351924_15580836.jpg

いちおう冬装備も準備して行ったが、今年は暖かいのか、ところどころ凍っているところもありはしたが、まだアイゼンさえも必要なかった。
今期もろくに雪が降らなかったら どーしよー(・・)





[PR]
by campanula2015 | 2016-10-16 23:30 | hiking

e0351924_12200103.jpg


赤石岳(南アルプス)
2016年10月9日(日)~10日(祝)
10/9 雨のち曇り(朝方大雨,昼前には曇り)
畑薙第一ダム臨時駐車場11:30-(フォレスト送迎バス)-赤石岳登山口12:45
登山口12:50→樺段14:35→歩荷返し16:05→歩荷返し終了16:25→赤石小屋16:45(泊)

10/10 曇りのち晴れ
赤石小屋4:25→富士見平(5:10~5:15)→北沢源頭6:30→赤石小屋分岐7:20→赤石岳(7:35~7:50)→赤石小屋分岐8:00→北沢源頭8:30→富士見平(9:30~9:50)→赤石小屋(10:05~10:15)→歩荷返し終了(10:30~10:35)→歩荷返し10:45→樺段→登山口12:50→神社→椹島13:00
椹島14:00-(フォレスト送迎バス)-駐車場15:10
e0351924_11384803.jpg


先月に引き続き貴重な三連休に前線通過(泣)
なぐさめに手ごろな赤石岳に行った。本当は荒川三山との組み合わせで行きたかった。
三連休の前半が雨だったせいか、駐車場はガラ空き、送迎バスもガラ空き、山小屋もガラ空き、登山道もガラ空き。てか、歩いていて人に会わない。めっちゃ快適!
バスは、乗客が少ないので赤石岳登山口で下してくれた。
山頂からの展望は最高なのだが、稜線に出たら台風並みの強風が吹き荒れていて、寒くていられやしない。
3000m級の山はもう冬の訪れが近い。
e0351924_12202599.jpg


e0351924_12204444.jpg


e0351924_12210292.jpg



e0351924_12214791.jpg
自炊の素泊まりのつもりで、シュラフも自炊道具も背負っていったのだが、小屋に着くとジュウジュウと肉を焼く音と共にいい匂いがしていたので、贅沢をして小屋食を頼んでしまった。赤石小屋の夕食は生姜焼き定食。ごはんとみそ汁はおかわりし放題。肉のおかわりはなし。





[PR]
by campanula2015 | 2016-10-10 23:30 | hiking
e0351924_11460014.jpg

白駒池の紅葉は色づき始め




白駒池~ニュウ(北八ケ岳)
2016年10月3日(日) 曇り時々晴れ
駐車場8:10→白駒池入口8:30→白駒池(青苔荘,8:45~8:50)→白駒荘(8:55~9:05)→ニュウ(昼食,10:25~10:40)→中山峠分岐(11:30~11:35)→中山(通過ピーク)11:45→中山展望台(11:55~12:00)→高見石小屋(軽食,高見石往復15分,12:50~13:35)→白駒荘(14:00~14:05)→麦草ヒュッテ14:40→駐車場14:42

e0351924_11495264.jpg


カーナビは、ズバリ「麦草峠」でセット
麦草峠の無料の公共駐車場は残り1台だった。ラッキー!!
というか、軽四がバックでやっとやっと入れられるビミョーなスペースが最後に残ったので、自分の前の車たちが有料駐車場に去って行ってくれたおかげで無料で駐車できた。
いやいや両隣の車がちゃんと詰めずにアバウトに止めてくれたおかげかな。
さて、ここで我が腕の見せ所。切り返しなしの一発でバッチリ入れたら、見ていたおばちゃんらが拍手してくれたので、ドヤ顔で会釈を返したった(笑) 辺鄙な山に通っていると自然と車庫入れがうまくなるのだ。
無料駐車場は約30台でトイレもある。そのすぐ先の麦草ヒュッテの駐車場は施設利用者のみ駐車可能なようだ。
さらにそこから700~800m先の白駒池入口に有料駐車場がある。こちらは150台ほど。500円。


このところの雨続きのせいか、登山道はじゅるじゅるにぬかるんでいて歩くところを探すのに苦労した。
ぬかるんでいるだけならいいが「沼」になっているところまであった。

e0351924_12040346.jpg


高見石小屋の揚げパンが名物だと聞いたので食べに行った。なるほど揚げたてでおいしい。でも、おそらく冷めたらそれほどおいしくないと思う。
なんかアメリカンドッグの皮の味に似ているというか、市販のホットケーキミックスの味に似ているというか、そんな感じ。
e0351924_12042175.jpg




[PR]
by campanula2015 | 2016-10-02 23:58 | hiking