カテゴリ:hiking( 113 )

e0351924_20303898.jpg

白馬岳(北アルプス)
2013年8月3(土)~4日(日)

8/3 曇り時々霧のち晴れ
猿倉5:05→林道終点(5:50~5:55)→白馬尻(6:15~6:25)→(アイゼン着6:40)→(アイゼン脱8:35)→葱平(ねぶかっぴら)9:20→(アイゼン着9:55)→(アイゼン脱)→頂上宿舎(11:35~11:50)→白馬山荘12:10白馬山荘13:10→白馬岳山頂(13:30~14:20)→白馬山荘14:30

8/4 雨のち曇り時々晴れ
白馬山荘5:25→白馬杓子岳分岐6:30→白馬鑓ヶ岳(7:40~7:45)→小雪渓(8:45~,アイゼン着)→鎖場(9:55~)→白馬鑓温泉(10:30~10:55)→小雪渓(11:00~11:25,アイゼン着)→猿倉荘15:15

それまで山に全く興味もなかったのに、魔がさして(?)突如として山を始めてから1年。
ようやく北アルプスに歩を進めた。で、いきなり高山病になり山小屋に夏季のみ設置されている診療所にお世話になった。若いドクター(医者の卵か?)にやさしく手を取られて、「大丈夫ですよ、明日にはすっかり良くなっていますからね」と言われたら、本当にすっかり良くなってしまった。
大昔、まだ学生の頃、遊びで地元の山である富士山に、散歩がてら登って高山病になったのがトラウマになっていて、「高い山に登ると高山病になる」という思い込みから高山病になったのかもしれない。
「病は気から」を身をもって体感した次第。


そして、北アルプスに来れば、きっと会えると思っていた。
ほらね、「よく来たね、待っていたよ」
イワギキョウが好きだった愛しい人へ。また会いに来るね。
e0351924_20332549.jpg


帰りの温泉は、白馬塩の道温泉「ガーデンの湯」



.

[PR]
by campanula2015 | 2013-08-05 23:30 | hiking
e0351924_21353982.jpg

房小山(奥大井)
2013年6月9日(日) 曇り時々晴れ
山犬段小屋(1404m)5:10→五樽沢コル登り口5:45→千石沢取付(6:25~6:35)→稜線出合 (千石沢コル,7:20~7:30)→千石平(7:45~7:55)→鋸山(1668m)8:05→都沢の頭 (1660m,9:00~9:10)→1725m峰9:35→(9:45~9:55)→房小山(ふさこやま,1868.2m, 昼食10:15~10:50)→ヌタ場10:55→鋸山12:35→千石平(12:50~13:00)→千石沢下降点 (千石沢コル,13:15)→千石沢取付14:00→山犬段小屋15:30

前夜は山犬段小屋泊まり。




.

[PR]
by campanula2015 | 2013-06-09 23:30 | hiking
2011年4月6日(水) 晴れ

桜トンネルを堪能した後は、牛代(うしんしろ)の水目桜を目指してに延々と1時間半歩きました。
茶畑の中に姿を現した牛代の水目桜!
e0351924_10291283.jpg

e0351924_10292896.jpg


茶畑の中を登っていきます。これが正面。
e0351924_10295273.jpg


正式名は「塩本牛代(しおもとうしんしろ)の江戸彼岸」というそうで、樹高20m,枝張り20m,根周り5m,目通り4.2m,樹齢300年以上、2007年7月1日島田市天然記念物指定

牛代の水目桜に行く途中の右手に八垂の滝(やだるのたき)があります。
8個の滝つぼを持つ滝です。これは真中あたりを写してみました。
e0351924_1030203.jpg


家山駅-(徒歩15分)-チャリム21(トイレ休憩)-(徒歩3分)-野守の池-(徒歩10分)-家山八幡宮-(徒歩50分)-八垂の滝-(徒歩10分,700m)-牛代の水目桜-(徒歩15分)-八垂の滝(休憩)-(徒歩50分,3km)-家山駅
家山駅から市街地を抜けて県道63号線に出て直接牛代の水目桜に向かうなら徒歩60分。
帰りは足にきて^^;タラタラ帰って来たので休憩も入れて75分かかりました。

帰りは金谷まで行くSLで。
e0351924_10315141.jpg



アクセス
牛代の水目桜、八垂の滝ともに県道63号線(藤枝天竜線)沿いにあります。
この時期、牛代の水目桜は案内板が出ているので、とにかく63号線を走ればわかります。
右手です。
家山の街並みを過ぎると道がかなり細くなりすれ違うのが大変です。対向車には十分注意。
駐車場はありませんが、道の隅に駐車してみんな見物しています。
家山駅からたぶん4~5kmだと思います。
バスはありません。

八垂の滝は水目桜の700m手前の右手。
63号線沿いにあるものの歩いていても見落とすわかりにくい場所です。
目印は左手に家山川にかかる橋の向こうにある休憩所。この休憩所の63号線を隔てた向かい側が八垂の滝です。県道沿いなので滝を眺める時には車に轢かれないように注意。
ちょうど滝があるところがT字路になっていて、左折すると家山川を渡って市井平を経て金剛院に向かう東海自然道。林道です。
途中、「もしかしてこれ?」みたいな滝があるのですが、八垂の滝には注連縄が張られています。
[PR]
by campanula2015 | 2011-04-06 23:30 | hiking