梅雨空の下に輝く北岳の至宝キタダケソウ

e0351924_11385293.jpg
ここ北岳にしか咲かない。それもごく限られた場所にしか咲かない。
残雪の残る梅雨時に他の花に先駆けて最盛期を迎える。
キタダケソウに謁見するには雨覚悟で標高差約1600mを登り上げねばならない。
この日、山頂付近は大荒れであった。
霧で視界が悪く、時折小雨がぱらつき、風が強い。
風の通り道となっている池山吊尾根分岐は暴風が吹き荒れまともに立っていられない。
至宝のために結界でも張っているのであろうか。
岩につかまりながら半ば這うように結界を抜けると風がやや収まり、その先にはキタダケソウが群れるように咲いていた。
謁見を終えて帰路に就くと、急速に霧が引いていき、つかの間、周りの山々が姿を現した。
まるで幻のようだった。



e0351924_11391019.jpg
e0351924_11392116.jpg
e0351924_11393380.jpg
e0351924_11394566.jpg
e0351924_11400604.jpg
e0351924_11401954.jpg


e0351924_11482453.jpg

 


 キタダケソウとよく似ている花が
 ハクサンイチゲ。
 見分け方は、花びらの形と葉っぱ。

 花びらの先端が丸っこいか尖っているか、
 葉っぱの先がが丸っこいか尖っているか、
 葉の裏に産毛があるかないか。

 花びらの先端が丸っこくて、
 裏に産毛がない丸っこい葉っぱが重なるように
 ついているのがキタダケソウ。

 左の画像では、
 上がキタダケソウで、下がハクサンイチゲ


北岳(南アルプス)
2017年7月2(日)~3日(月)
7/1 曇りのち雨
広河原→白根御池小屋→草すべり→北岳肩ノ小屋(泊)

7/2 曇り
北岳肩ノ小屋→北岳→キタダケソウ群生地→北岳→大樺沢二俣→広河原

e0351924_12031062.jpg
今年は積雪が多く、だいぶ融雪が進んできてはいるものの、大樺沢上部はアイゼンとピッケルと滑落停止技術が必要。







[PR]
by campanula2015 | 2017-07-05 23:30 | hiking