岩の割れ目から強い生命力を放つクモイコザクラ

e0351924_15073272.jpg
雲居小桜-漢字で表記すると、なんとも奥ゆかしい名ではないか。
自生地は、南アルプス、八ケ岳、秩父山地、富士山。
湿った岩の割れ目にしがみつくように咲くその姿は繊細で可憐。
静かな山の中で対面するにふさわしい花だ。
繊細でありながら強い生命力を感じる花であった。だからこそ美しい。
この花のためだけに登ってきた甲斐があった。
駒ケ岳とかけてみました(笑)


e0351924_15075317.jpg
e0351924_15080212.jpg
e0351924_15081048.jpg
e0351924_15082115.jpg
e0351924_15082897.jpg


e0351924_15100903.jpg

下山後は、おっぽに亭こっこ横手店で卵かけごはんはいかが?
おいしい米とおいしい卵。
素材が良いとシンプルなメニューが生きますね。
卵は、白州郷牧場で取れた「平飼い玉子」

味噌汁付きの定食は500円。嬉しいワンコインでした。




日向山~鞍掛山(南アルプス前衛)

2017年6月10日(土) 晴れのち曇りのち一時小雨
日向山矢立石登山口→日向山→鞍掛山分岐→駒岩(分岐)→鞍掛山→展望台→鞍掛山→駒岩→鞍掛山分岐→日向山→登山口

e0351924_10242006.jpg

日向八丁尾根には、親切すぎるくらいに赤布があり、甲斐駒方面との分岐には新しいりっぱな指導標まで立っていた。
鞍掛山の山頂からさらに5分ほど進むと、目の前に甲斐駒と鋸が望める絶好の展望台がある。



.



[PR]
by campanula2015 | 2017-06-14 23:30 | hiking