そこらの町のうどん屋の何倍もの売り上げがあると思われる山頂のうどん屋

e0351924_15380726.jpg



塔ノ岳~鍋割山(丹沢山塊)

2016年11月12日(土)晴れ
大倉市営駐車場8:05→雑事場ノ平(8:50~8:55)→見晴茶屋8:57→一本松のベンチ9:15→駒止茶屋9:25→堀山の家(9:50~9:55)→茅場平10:10→花立山荘(10:35~10:50)→金冷シ11:10→塔ノ岳(昼食,11:20~11:45)→金冷シ12:00→大丸12:05→小丸尾根分岐12:20→鍋割山(鍋割うどん,12:45~13:35)→後沢乗越14:15→渡渉(橋あり,14:35)→渡渉(橋あり,14:45)→ゲート15:20→駐車場15:35

e0351924_11454620.jpg



都会のハイカーが集う山域と言えば丹沢山塊。その中でも最も人気の高い山だというのが塔ノ岳。
あまりにも登山道が整備されすぎていて山に登った気がしない、というのが正直な感想。
でも、金冷シから鍋割山に向かう登山道は、紅葉が見ごろで雰囲気の良い登山道だった。

鍋割山に来たらやはり有名な鍋割うどんを食べないといけないと思い注文の列に並ぶ。
昼を過ぎて比較的空いてきたそうで、注文してから30分待ちだった。では、昼時は何分待ちだったのだろう?
30分以上も待って食べたうどんのお味はと言うと、いたってフツー。これが下界のうどん屋ならまず行列はできない。

e0351924_15514353.jpg


カーナビは、「どんぐりハウス」でセットした。
大倉バス停のすぐ近くにある店だ。どんぐりハウスのすぐ裏が公共の有料駐車場。
朝8:00からとネットで確認して行ったが、7:50ごろに着いたらすでにゲートが作動していてたくさんの車が止まっていた。
周辺には民間の24時間営業の駐車場もたくさんある。さすが都会だ。
e0351924_15550193.jpg

んで、我がカーナビ君なんだけど、、、。
前々から不思議思っていたのだけれど、行きと帰りでは違う道を案内したりするのはなぜ?
ピストンよりも周回の方が楽しめると思ってのサービス?
同じ道を案内してくれれば道を覚えるのに、違う道を案内するから頭が混乱して覚えられん。
「もうカーナビは要らん」と言われないようにするための自衛策?




.


[PR]
by campanula2015 | 2016-11-12 23:30 | hiking